あっという間に完成!ワーママに学ぶ簡単献立&時短テク

2020/03/03

仕事から帰ったあとに、ごはんを用意するのはなかなか面倒。簡単につくれる献立を知っておくと、時短になるだけでなく、帰ってからごはんを食べるまでの時間が短くなりますよ。今夜から真似したい時短献立をまとめました。

暮らしに役立つアイデアが集まるサンキュ!インスタグラムコミュニティ「39grammer」から「公式39grammer」に認定されたインスタグラマーさんの投稿をご紹介します。

時短の強い味方・味つけ肉

出典:39grammer「itsumi.nakashima」

味つけ肉は時短の強い味方!itsumi.nakashimaさんは、半額で購入した生姜焼きの味つけ肉を使って、手早く生姜焼きを完成させました。調味料などを使う必要もなく、焼くだけで完成するのはいそがしいワーママにとってありがたい食材なんだとか。

「めんつゆ」で仕上げる和風パスタ

出典:39grammer「samama.chan」

4人の子どもを持つsamama.chanさんは、おうち焼肉で残ったお肉や野菜を入れた和風パスタをつくりました。味つけはめんつゆオンリー!具材の旨味によって、めんつゆだけでもしっかりおいしさを感じられるんだとか。冷蔵庫の残りものでつくれば、ムダなく食材を使い切れそうですね。

缶詰×レンチンで副菜もばっちり

出典:39grammer「asumin931」

週末など時間のあるときにつくり置きをしているasumin931さん。キャベツのサバ味噌和えは、サバの缶詰を使ってレンジで調理することで、時間をかけずにつくったのだそう。そのままでも食べられる缶詰を使えば、副菜もかんたんにつくれそうですね。

週末の下味冷凍で簡単調理

出典:39grammer「asumin931」

つくり置きを極めたいと思っているasumin931さんは、お肉の下味冷凍も実践しているそう。この日は下味冷凍のとんてきと、つくり置きで夕飯をつくりました。炒めるだけの簡単につくれる下味冷凍があれば、体調不良の日にはだれかにつくってもらえそうですね。

毎日ごはんをつくるのはたいへんですが、つくり置きなどを活用すれば時間は格段に減ります。缶詰やめんつゆなどを使えば、さらに時間短縮に!電子レンジでの調理もおすすめです。ご紹介したテクニックを参考に、ぜひ試してみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。 この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。
(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND