もっちり美味~♪白玉粉で「いちご大福」を作ろう!

2019/01/30

冬から春にかけて人気の季節限定・和菓子「いちご大福」。あんこといちごのハーモニーが絶妙ですよね。そんな「いちご大福」が電子レンジで簡単に作れるって知っていましたか?白玉粉を使えば、柔らか&もちもちの「いちご大福」の完成です!

いちご大福

皮作りは電子レンジで簡単。いちごとあんを包んだ大福は柔らか~い、できたてを。

【材料(4個分)】
=生地の材料=
・白玉粉…50g
・砂糖…30g
・水…80ml
=そのほか=
・いちご(へたを取る)…4粒
・こしあん(市販)…65g
・片栗粉…適宜

【準備】
あんを4等分して丸め、ラップの上で平らに広げ、いちごを包んで丸める。

バットに片栗粉を適量ふって広げておく。

【作り方】
1:混ぜる
耐熱ボウルに、白玉粉、水を入れ、木べらで白玉粉の粒をつぶしながら混ぜ、かたまりがなくなったら砂糖を加えて混ぜる。

2:電子レンジで加熱して混ぜる
ふんわりとラップを掛け、電子レンジ600Wで50秒加熱し、全体を木べらで混ぜ、均一にする。再度ふんわりとラップを掛け、1分30秒加熱する。弾力が出るので、力を入れて全体をよく木べらで混ぜる。生地の表面が透き通るまで混ぜる。

3:包む
すぐに片栗粉適量を広げたバットに移す。さめたら片栗粉適量を薄くふってまぶし、4等分にちぎる。


手にも片栗粉適量をつけて引っ張って丸く広げる。オーブン用シートの上に置けば、くっつきにくく、余分な片栗粉がつかない。


いちごを包んだあんをラップをはずしてのせ、まわりを引っ張って上に寄せ、つまんでとじる。

※電子レンジの加熱時間は、600W の場合の目安です。500W の場合は、1.2 倍の時間で加熱してください。その他の場合は、メーカーにお問い合わせください。

<教えてくれた人>
渡部和泉さん(料理&菓子研究家)
5 歳の女の子のママ。おやつはよく手作りするそう。白玉粉も常備していて、「白玉だんごはおやつによく作ります。ゆでて温かいものをそのまま食べてもおいしいですよ」。月に一度開いているカフェでは、パフェが人気メニュー。

和菓子はハードルが高いイメージがありますが、電子レンジで作れる手軽さがいいですね。ぜひ出来たての「いちご大福」を食べながら、くつろぎのひと時をお過ごしください。

参照:『サンキュ!』2月号「丸めてゆでるだけ白玉粉で素朴なおやつ」より。掲載している情報は18年12月現在のものです。調理/渡部和泉 撮影/市原慶子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND