コチュジャン ペースト韓国料理

【管理栄養士監修】賞味期限切れの「コチュジャン」は冷蔵保存でいつまで大丈夫?傷んだときの特徴や保存方法を解説!

2020/10/30

冷蔵庫に入っているコチュジャンの賞味期限がいつの間にか切れていたという人もいるでしょう。この記事では、傷んだコチュジャンの特徴や正しい保存方法、賞味期限の意味についてご紹介します。正しい保存方法を把握しておいしく食べましょう。

コチュジャンの賞味期限は?

コチュジャンとは、米やもち米に麹・唐辛子などを加えて発酵・熟成させた甘辛い調味料で、韓国料理には欠かせません。ビビンバやチゲなどの料理に使用され、日本でも親しまれている調味料です。

コチュジャンの賞味期限は、メーカーや商品により異なりますが、未開封の状態で半年から1年半ほどです。

開封ずみのコチュジャンの賞味期限

コチュジャン ペースト韓国料理
luknaja/gettyimages

開封後は賞味期限に関わらず、できるだけ味や風味が落ちないうちにできるだけ早めに食べましょう。冷蔵庫での保存が基本で、開封後1~2カ月としていたり、半年ほど食べられると紹介しているメーカーもありますので、商品ごとに確認しておくと安心です。開封後は賞味期限まで必ず食べられるわけではないため注意しましょう。

賞味期限と消費期限の違い

ここで、賞味期限と消費期限の違いについてまとめます。

賞味期限とは、未開封で保存方法をしっかり守って保存した場合に、記載されている年月日、または年月まで「おいしく食べられる」期限のことです。

賞味期限はスナック菓子・インスタントラーメン・缶詰など、製造・加工されてから、おおむね6日以上期限のある傷みにくい食品に記載されています。またこの期限をすぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

消費期限とは、賞味期限と同じように保存していた場合、記載されている「年月日」まで「安全に食べられる」期限になります。

お弁当・サンドイッチ・生菓子など、製造・加工されてから、おおむね5日以内の傷みやすい食品に記載されています。

もちろん賞味・消費期限ともに、開封してしまうことで、食品の保存状態が変化してしまうため、表示されている期限に関わらず、できるだけ早めに消費するようにご注意ください。

賞味期限がすぎて傷んだコチュジャンの特徴

ゴチュジャン韓国の伝統的な大豆ペーストにもち米と発酵大豆を加え、白いボウルに高濃度の唐辛子をまとった
antonbelo/gettyimages

賞味期限は、品質を保って美味しく食べられる期限の目安であるため、賞味期限がすぎたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありませんが、賞味期限がすぎたコチュジャンは品質が落ちていくので、食べる前には傷んでいないかを自分で判断する必要があります。匂い・見た目・食感・味などに異常がないかを確認しましょう。

もし、コチュジャンが傷んでいれば、いくつかの特徴が見られます。

特徴1:異臭がする

本来のコチュジャンの香りではない場合は、傷んでいる可能性があります。

食品は時間が経つと、増殖した微生物が成分を分解することにより腐敗が進み、異臭を放つことがあります。たとえばアンモニア臭、酸味の強い臭い、腐った玉ねぎのような不快に感じる臭いがしたら注意が必要です。もし、臭いに問題がない場合であっても、口にしたときに変な味や違和感があれば、使うのはやめておきましょう。

特徴2:変色している

コチュジャンに変色が見られた場合は、傷んでいる可能性があります。食品が空気に触れると、酸化、変色が起こります。これは褐変と呼ばれる現象です。

多少の変色であれば風味は落ちるものの、食べられないわけではありません。色の変化が著しいと食べられない可能性が高くなります。見た目の変化として、カビが生えていないかどうかも確認しましょう。

賞味期限が1年以上すぎたコチュジャンは食べられる?

ゴチュジャン韓国の伝統的な大豆ペーストにもち米と発酵大豆を加え、白いボウルに高濃度の唐辛子をまとった
antonbelo/gettyimages

賞味期限が1年以上すぎたコチュジャンは、食べられる可能性があります。ただし未開封の場合に限ります。未開封のコチュジャンは、直射日光を避けて常温で保存しましょう。

コチュジャンなどの発酵食品は腐りにくいといわれていますが、賞味期限を大幅にすぎれば腐敗の可能性はあります。

もし、食べるのであれば見た目や臭い、味などをよく確認して、自己責任で判断する必要があります。何か異変を感じた場合や、保存方法が適切でなかった場合は、食べるのを控えましょう。

開封ずみのコチュジャンの保存方法

開封したコチュジャンは、常温ではなく冷蔵での保存が基本です。

低い温度で保存すると菌の増殖を抑えられ、長期保存が可能になります。しかし、正しく保存できていなければ、賞味期限が縮まることがあります。おいしさを保つためにも、正しい保存方法を把握しましょう。

冷蔵で保存する

開封後のコチュジャンは、多くのメーカーが冷蔵庫での保存を推奨しています。

開封後はなるべく空気に触れさせないように、表面をラップで覆う、フタを固く閉める、チューブタイプを選ぶなどの工夫が必要です。また、容器から取り出す際には清潔なスプーンを使用し、容器の取り出し口を清潔に保つようにしましょう。

冷凍保存できる?

コチュジャンは冷凍保存も可能です。コチュジャンは冷凍庫に入れても固まりません。解凍しなくてもそのまま使用でき、冷凍保存に向いているといえるでしょう。

一般的な冷凍庫の温度̠である-15℃は、菌の増殖を止められる可能性があり、食品の長期保存が可能です。容器が冷凍に適さないものであれば、冷凍可能な別の容器に移し替えましょう。

賞味期限切れのコチュジャンには要注意!無理して食べないようにしよう!

賞味期限がすぎたコチュジャンも、美味しく食べられる可能性があります。正しい保存方法を守り、工夫をしながら使用することで、コチュジャンをおいしく味わえます。

しかし賞味期限だけを気にするのではなく、傷んでいないか自分で見極める必要があります。食べることに不安を感じたら、無理して食べないようにしましょう。

■記事監修・・・

管理栄養士・ゆかりさん

管理栄養士、食生活アドバイザー。4歳女児のママで出張料理、料理教室、講演、栄養相談も手掛けるほか、ライターとしても活動。


※参考にしたサイト

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND