タイプ別に診断でわかる!片づけ方「4月のあなた」予想&アドバイス

2019/03/19

もう少しで3月も終わり、新生活の季節がやってきます。生活のリズムが変わるこの時期は、新しい物が増えて家の中が散らかりがち。このまま物が増え続けると、4月には部屋が悲惨な状態になっているかも。そうなる前に、今から収納を整えておきましょう!

今回は、部屋の片づけ法をタイプ別にご紹介。4月のあなたの状態をタイプ診断で予想して、アドバイスしちゃいます!自分がどのタイプに当てはまるか、ぜひチェックしてみてください。

【1】行き当たりばったりタイプ

以下の項目について、当てはまるものにチェックをしてください。3つ以上、当てはまったらこのタイプ!

□ダイニングテーブルの上には常に物があり、いすの上も物置状態
□無料の物は取りあえずもらう
□外出時、やたら持ち物が多い
□物を捨てることに罪悪感がある
□旅行の計画が苦手

<特徴>
ふだんからゆとりがなく、なくし物や忘れ物も多いタイプ。常にとっ散らかって、何から始めたらいいかわからなくなってしまうので気持ちだけが焦り、「片づけても片づけても、片づかない」という負のループに。

<おすすめ片づけ法>
物事の計画を立てるのが苦手な傾向にあるので、やるべきことをできるだけ具体的に、紙に書いてリスト化することが大切。リストの項目は1日最大5個程度がベスト。落ち着いて計画どおり進めれば大丈夫!

【2】何でも中途半端タイプ

以下の項目について、当てはまるものにチェックをしてください。3つ以上、当てはまったらこのタイプ!

□インテリアに統一感がない
□部屋中に「出しっ放し」の物が多い
□「いつか使える」と思うと捨てられない
□「あとで」「時間がない」が口ぐせ
□片づけをしていてもほかのことが気になって中断してしまう

<特徴>
ズバリ、集中力がなく注意も散漫。目についたものには取りあえず手を出したくなっちゃうタイプです。片づけているつもりが、すべて半端なので物はあふれたまま。そんな家と自分にうんざり&ぐったりに……。

<おすすめ片づけ法>
1日に何か物を1つ捨てる「1日1捨て」を実践してみて。これをとにかく3週間毎日続けること。継続できるという自信につながり、目の前の課題に集中できるようになります。見事やり遂げたらごほうびも忘れずに☆

【3】えせ完璧主義タイプ

以下の項目について、当てはまるものにチェックをしてください。3つ以上、当てはまったらこのタイプ!

□収納グッズを見ると買っちゃう
□ストック品は多めにないと不安だ
□放置している紙まですべて「書類」という
□高かった物が手放せず、昔のスーツやバッグがいくつもある
□自分は片づけが好きなほうだと思う

<特徴>
理想の家や片づけ方法まで、めざすイメージは完璧にでき上がっているのに、いざやろうとすると理想と現実がかみ合わず、から回り。家族にも理想を押しつけてイライラをぶつけてしまう危険性も!

<おすすめ片づけ法>
いきなり完璧なお片づけをめざすのではなく、洗面所などすぐに結果が出やすい狭い場所からクリアーしていくと満足感を得られるはず。100%をめざすのではなく、8割できたら合格ととらえる気持ちが大切です!

【4】追い詰めないと片づけできないタイプ

以下の項目について、当てはまるものにチェックをしてください。3つ以上、当てはまったらこのタイプ!

□冷蔵庫の中がごっちゃりしている
□買ったまま、一度も着ていない服がある
□家族から「あれどこ?」と聞かれることが多い
□「かわいそう」と思って物が捨てられない
□いつも「どうにかなる」と思っている

<特徴>
いつも危機感ゼロで、何でも後回しにしがちなスローなタイプ。「なんとかなるさ~」と思っているのはあなただけで、知らないうちに家族がバタバタ、イライラ。家が乱れるだけでなく遅刻や忘れ物も増えそう!

<おすすめ片づけ法>
まずは4月まであと何日あるか数えてみましょう。そしてカレンダーにやるべきことを書き込んで、目に見える場所に置き、カウントダウン。少しずつでも片づけ始め、行動が結果につながる達成感を味わってみて。

「自分はきっと大丈夫」なんて思っていると、気づいたら家の中が大変なことになっているかもしれません。そうならないためにも、今のうちに早めの対策を!

<教えてくれた人>
中山真由美さん(お片付けコンシェルジュ)
整理収納アドバイザーとして個人宅から企業まで、収納コンサルティングを行う。片づけられなかった過去や、子育て経験、心理学の知識を生かしたわかりやすいアドバイスが人気。

参照:『サンキュ!』4月号「今やれば、4月から暮らしがラクになる!収納のコツ」より。掲載している情報は19年2月現在のものです。イラスト/黒猫まな子 構成/竹下美穂子 取材・文/田谷峰子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND