15分で完了!浴室のヤバイ所だけピンポイント大掃除!

2019/12/23

忙しいママたちにとって「大掃除」は、年末の憂鬱の種。何日もかけて掃除をするのはムリ…という人も多いのではないでしょうか。そんなあなたには、「ピンポイント大掃除」がおすすめ!1スポット15分あればできる短時間集中掃除を紹介します。今回お送りするのは「浴室」。

<教えてくれた人>
浦野清美さん
NPO法人 日本ハウスクリーニング協会 指導員。掃除会社の登場前から個人でハウスクリーニング業を開始。協会の運営補佐や講師、家事代行もこなすキャリア28年のベテラン。 https://www.jhca.or.jp

用意したい洗剤

汚れに合った洗剤を選ぶことはラク掃除の鉄則。油汚れなど「酸性」の汚れには「アルカリ性」、水あかなど「アルカリ性」の汚れには「酸性」の洗剤が最適。

● 皮脂汚れ/油汚れ/石けんかす/排気ガス/ヤニ
アルカリ電解水、重曹、クリームクレンザー、住居用洗剤、油汚れ用洗剤、浴室用洗剤、ガ
ラスクリーナーなど
● 水あか
クエン酸水など
● 除菌/ぬめり取り
酸素系漂白剤、除菌・漂白用洗剤など
● カビ取り
塩素系カビ取りジェル(有毒ガスが発生するので酸性の洗剤と同時に使うのは厳禁)

浴室の掃除

大掃除ではふだん手が回らない浴槽以外の部分を重点的に。バスタイムの快適さが違ってきますよ。

天井(作業時間15分)

洗剤:Aアルカリ電解水または浴室用洗剤
道具:Vカットブラシ、フロアワイパー、ナイロンタオル、ぞうきん

(1)気扇フィルターをこすり洗い
フィルターをはずし、AをかけてVカットブラシか古歯ブラシでこする。シャワーでお湯をかけながらブラッシングですむ場合も多い。から拭きして戻す。

(2)天井を拭く
洗剤を使うと洗い流すのが大変なので、フロアワイパーにナイロンタオルをつけてお湯拭きを。汚れがひどいときはAを含ませて拭く。

壁(作業時間15分)

洗剤:Aアルカリ電解水または浴室用洗剤 Bカビ取りジェル(必要に応じて)
道具:浴室用ブラシ、浴室用スポンジ、T字ワイパー

(1)シャワーをかけてこすり洗い
シャワーでお湯をかけながら浴室用ブラシで表面のカビを落としていく。浴室は成分の異なる汚れが層になっていることが多いので、まずはこの作業から。

(2)洗剤でこすり洗い
浴室用スポンジにAをつけて皮脂汚れを落としていく。汚れが取れたと感じたらここで終了でOK。T字ワイパーをかけてしっかり水分をきる。

(3)黒カビはカビジェルで
1と2で落ちない黒カビには市販のカビ取り剤を。カビに密着して垂れにくいジェルタイプが使いやすい。よく換気をし、使用後は念入りに流す。

水栓&排水口(作業時間15分)

洗剤:Aアルカリ電解水または浴室用洗剤 Bクエン酸水 C酸素系漂白剤(必要に応じて)
道具:ナイロンタオル、古歯ブラシ

(1)シャワーホースをこすり洗い
ナイロンタオルにⒶをつけてこする。シャワーをフックに掛けた状態で片手でホースをのばしながら、もう一方の手で握るようにこすると力が入る。

(2)蛇口とシャワーヘッドを磨く
シャワーでお湯をかけながら蛇口を古歯ブラシでこする。そのあとで蛇口とシャワーヘッドにBをかけてナイロンタオルで磨き、お湯でよく流す。

(3)排水口とパーツをこすり洗い
排水口からパーツをはずし、Aをかけてそれぞれを古歯ブラシでこする。パーツが変色するほど汚れがひどい場合は、Cにつけたあとお湯で洗い流す。

高温多湿で栄養(アカなど)のある環境がカビ増殖の条件。お風呂を出るときに冷水シャワーで室温を下げ、常に換気扇を回して扉や窓も開けておくのが有効。小さなブラシを置いておき、入浴中に隅をこすり洗いする習慣をつけるとなおGOOD!

参照:『サンキュ!』1月号「ヤバい所だけ!ピンポイント大掃除」より。掲載している情報は19年11月現在のものです。撮影/千葉充 構成・文/志賀朝子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND