ほうれん草のお浸しを10秒でつくるワザ!目からうろこの時短料理術4選

2020/08/04

暑くて辛い夏、少しでも調理時間を減らせる驚きの時短テクを紹介します。暑さにヘットヘトでもすぐにまねできる、うれしい技の数々!イヤ~な調理のあれこれを解決すれば、ストレスも時間も激減です♪

1 衝撃!冷凍ほうれん草で10秒おひたし

面倒なおひたし作りは、冷凍ほうれん草に限る!ポリ袋に凍ったままのほうれん草100gを入れてめんつゆ(ストレート)大さじ2をかけて、20分ほど放置。溶けながら味がしみ、加熱ゼロで絶品おひたしに。
※自然解凍用の冷凍ほうれん草を使用してください。

ゆでなくてOK!

2 ごまだれがあれば加熱なしでスープができた!

冷やし中華などに使うことが多いごまだれに、3~4倍量の湯を注げば簡単スープが瞬く間に完成。お好みで豆腐や貝割れ菜を加えれば、おいしさ&ボリュームがアップ!

湯を注ぐだけ。

3 ピーラーで薄~く引けばにんじんグラッセが1/3の時間でできる!

煮るのに時間がかかるにんじんグラッセは、作り方の発想を大転換。スティック状に切ると煮るのに15分ほどかかるけれど、ピーラーで引けばたったの5分で煮えて超時短。

ちゃんとグラッセ。

4 マヨとトースターで揚げないフライができた!

夏に揚げものなんてあり得ないけど、食べたい!ってときは、これ。生鮭の全面にマヨネーズを薄く塗り、パン粉適量をまぶしてオーブントースターで7~8分加熱。カリッと香ばしい、揚げるより美味な一皿に。

激うま~!

ぬれたペーパータオルを巻けば、缶飲料は早く冷える!

缶飲料を急いで冷やしたいときは、1本当たりぬれたペーパータオル2枚を巻いて冷蔵室へ。普通に冷やすと4~5時間かかるところ、2~3時間で冷え冷え~。

<教えてくれた人>
島本美由紀さん
毎日の家事を楽しく、ラクにする情報を発信する、ラク家事アドバイザーの肩書を持つ料理研究家。驚きあふれる実用的なアイデアが大好評!

オーブントースターについて
※オーブントースターの加熱時間は1000Wの場合の目安です。加熱時間はメーカーや機種によって多少異なります。レシピの加熱時間を参考に、様子をみて調節してください。

参照:『サンキュ!』2020年8月号「暑~い夏、台所に立つ時間1/2に減らします」より。掲載している情報は2020年6月現在のものです。監修/島本美由紀 撮影/小林キユウ 調理・取材・文/渡辺ゆき 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND