矢印とグラフ

2021年下半期の運気をググッと上げる風水ベスト5【Dr.コパの風水解説】

2021/06/29

6月で2021年の前半が終了して、7月からは後半が始まります。前半にあまりいいことがなかったという人ほど、後半は挽回したいもの……。

風水の第一人者Dr.コパに、「2021年下半期の開運風水」について教えてもらいました。

"西に黄色で金運アップ”を日本中に広めた、ご存じ風水の伝道者。▶Dr.コパの記事一覧

>>>Dr.コパの記事をもっと見る

6月30日に神社を参拝して財布を清める

コロナの影響で今年前半は「あまりいいことがなかった」という人が多いんじゃないかな?そういう人は前半の運気をリセットすることが大事。

6月30日は「夏越の大祓」。神社に参拝して、上半期についた厄を祓い、下半期の運気を上げる準備をする日なんだよ。神社に備えられた茅の輪(ちのわ)をくぐったり、紙でつくった人形(ひとがた)に厄を移して厄落としをするんだね。それぞれの神社の作法に従って、しっかり厄を落とそうね。

そのときに財布を持参して、財布についた厄を落としてもらうといいね。お金やカード類などをすべて出して、空っぽにして持って行ってお参りしよう。財布に厄がついていると金運が近づいて来ないから、清めて金運を呼び込もうね。

2021年下半期の開運風水

今年後半の運気を上げる風水を紹介します。

下半期開運風水1:7月1日から新しい手帳を使い始める

2021年のピンクのサンゴ色の日記、ペン、コーヒー、マカロンクッキー。大理石の背景
Kostikova/gettyimages

上半期をリセットして下半期をスタートさせるために手帳を新しくします。6月まで使っていた手帳は見返すこともあるので、厄を祓うラベンダー色の紙に包んでとっておきましょう。

下半期開運風水2:パジャマを新調する

この時期は暑いので睡眠中に寝汗をかきやすいもの。パジャマは毎日洗濯して、洗い立てのものを着るのが吉。パジャマを新しく買って、おろし立てのパジャマで寝るのは大吉。

下半期開運風水3:お盆にお墓参りをする

お盆に家族そろってお墓参りをしましょう。実家が他県にあって移動がむずかしい場合は、お墓のある方角に向かって手を合わせるだけでも吉。

下半期開運風水4:家の中に花を飾る

テーブルの上の花瓶に花束を持つ女性の手
Valeriy_G/gettyimages

2021年の開運キーワードは「華やかさ」。家の中に生花を飾って華やかさを演出しましょう。香りのいい花は人間関係運を高めて、金運のある人との縁をつなぎます。

下半期開運風水5:貴金属を身につける

「貴金属」は本物でなくてもOK。金メッキでも、ただの金色のものでも、黄金色に光っていたら「ゴールド」。ガラス製でもキラキラしていたら「ダイヤモンド」とみなしましょう。家にいるときも「貴金属」を身につけて不運を跳ね返して、金運を呼び込みましょう。

まとめ

7月から2021年の後半戦がスタートします。風水を味方につけて運気を上げて、後半戦にGO!

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND