りゅうちぇるさんがずばっと解決!「どんな時も料理は人ごとな夫…どうしたら!?」

2021/07/04

一般的になってきた夫婦の家事シェア。とはいえ、育ってきた環境も違うから、たまにぶつかるときもある!そんな皆さんのモヤモヤを、りゅうちぇるさんがどんと受け止めます。今回は料理に関する困りごとをご紹介。

<プロフィール>
りゅうちぇるさん
タレント、アーティスト。個性的なファッションと強烈なキャラクターで話題となり、多数のバラエティー番組に出演。1児の父となった現在は、育児やダイバーシティに関する発信が注目を集める。

どんなときも料理は人ごと

モヤモヤする人
りかさん

体調をくずしたとき、夫にコンビニでうどんを買ってきてと頼んだら、買ってきただけ。しかも自分はお菓子を食べて「まだおなかすいてないから、ごはんはあとでいいよ~」と……。ふだん料理は私の担当だけど、さすがに察して作って!

「普通こうでしょ!」っていうのはタブー!

りかさんにしてみたら、「つらいのは見てわかるでしょ。思いやりがあれば、普通作ってくれるよね!?」ってなりますよね。でも、そう言われると男って自信をなくしちゃう。

「なら、そうしてくれる人と結婚すれば!」って思っちゃうから。

予想していた動きと違うことをされると予定は狂うしイライラするし……その気持ちはわかります。でもそれって自分にとっての予想であり理想であって相手にとってはそうではないかもしれない。
自分の理想に当てはめて、できないから失望して、そのまま相手を理解しないのはもったいない!
それに、そうでない人もたくさんいるけど、女性と男性では脳の使い方が違うことがあるんですよね。「なんでこの人、こんなに気がきかないんだろ」って思って、でもちゃんと理由を聞いてみると、斜め上行く答えが返ってくること、ありません?彼は彼なりの心づかいで、うどんを作らなかったのかも。
だから、「察して」というより、「こうしてくれるとうれしい」とストレートに伝えたほうが絶対いい!

いっぱいけんかするのもありだと思う。相手を理解するチャンスですよ!

そうやってコミュニケーションを重ねていくと、「へえ~、私とは全然考え方は違うし、性格もまったく違うけど、思いやりはあるし、私のことはちゃんと好きなんだね」ってわかる。

お互いに理解し合おうという姿勢って大切。

りゅうちぇるから愛を込めて

愛情や思いやりがあっても「察する」ことってむずかしいもの。いっぱいコミュニケーション取って夫婦のギャップ埋めていこ!

編集部が独断でおすすめ!今月のお悩み解決グッズ

火加減もお任せ。ほったらかしで料理が完成!

材料をセットしたら、むずかしい火加減の調節もお任せで本格調理。圧力調理だから時短にもお役立ち。「電気圧力なべ SR-MP300」オープン価格/パナソニックTEL0120・878・694

参照:『サンキュ!』2021年7月号「うちパパ委員会」より。掲載している情報は2021年5月現在のものです。撮影/西出健太郎 構成・文/松崎祐子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND