トイレの「ある方位」でその家に住む家族全員の幸福度が決まる!?

2022/11/14

家の中心から見てトイレがどの方位に位置するかで、その家の運気に影響が出てくるとか?
東西南北、どの方位にトイレがあったら、運気が上がるの?
そもそも、トイレって、風水的にどんな運気を持っている空間なの?

風水の第一人者Dr.コパにトイレがある方位別の「運気アップ風水」を教えてもらいました。

"西に黄色で金運アップ”を日本中に広めた、ご存じ風水の伝道者。▶Dr.コパの記事一覧

>>>Dr.コパの記事をもっと見る

トイレはどの方位にあっても、ダメージあり

トイレは、風水的にはダメージ空間。家の中のどの方位にあっても、悪い影響があるんだね。昔の日本では、ニオイや衛生上の理由もあったと思うけど、住まいとは別に敷地内にトイレだけを建てていたりしたんだよ。
今どきのトイレはキレイで明るくて清潔感があるけど、昔のトイレは暗くて、不浄(=不潔)な空間と考えられていたんだね。
トイレがキレイで衛生的な空間になったからといって、風水的にはダメージ空間であることには変わりない。理由は、トイレは排泄する場所、つまり厄落とし空間だからだよ。それと、トイレには常に水があるよね。風水では住まいの水はダメージ。だからダメージ空間のトイレに長居するのは禁物。用が済んだら、サッサと出ることだね。
トイレが持つダメージは健康に及ぶことが多い。これからコパが、トイレがある方位別に、健康にどんな影響があるかを教えるからね。

方位別・トイレの運気を上げる風水

家の画像の方向
takasuu/gettyimages

トイレがある方位ごとに、そのトイレが持っている運気の特徴とワンポイント風水を紹介します。

北のトイレ:カラダも金運も冷えやすい

チルまたはインフルエンザラインのアウトラインアイコン
Moto-rama/gettyimages

家の北側にトイレがあると、冷えのトラブルが起こります。冷え性、腎臓系の病気、むくみ、子宮系の病気に注意。
トイレグッズはオレンジ、ピンク、ワインレッドなど暖色系の物を選んで。

東北のトイレ:夫の腰痛で収入ダウン!?

東北=鬼門は財運に影響を及ぼす方位。ここにトイレがあると財産と縁遠くなります。また夫が腰痛を発症する危険性あり。
東北は白と相性がいいので、トイレグッズは白で統一を。

東のトイレ:音痴な人が住む家のトイレは、なぜか東にある!?

東は音と相性のいい方位。東にトイレがあると、東が持つパワーがダウンします。そのせいで住む人の音感が悪くなることも。
トイレグッズは赤とブルーが吉。

東南のトイレ:カゼをひきやすく病院代がかさむ

家族がカゼをひきやすい傾向があります。また皮膚が弱いので、湿疹やかぶれなどに注意。
東南は香りのいい物と相性がいいので、トイレには消臭剤、芳香剤、ポプリなどを常備しましょう。

南のトイレ:肩こり、頭痛、目の疲れに悩まされる

肩が痛い女性
kazuma seki/gettyimages

大きな病気にかかることはありませんが、肩こり、頭痛、目の疲れに悩まされます。南の太陽の光をトイレがさえぎっていることで、体調が常にスッキリしません。
盛り塩と観葉植物を置き、トイレグッズはグリーン系を使いましょう。

南西のトイレ:カラダはだるいし、お金の使い方もダラダラしがち

南西は女性に影響を与える方位なので、ここがダメージ空間になっていると、妻の体調がすぐれません。やる気が出なくてダラダラしがちです。
トイレグッズはラベンダー色や茶色が吉。

西のトイレ:歯と胃にダメージ。金運もイマイチ

若い女性は胃が痛い
izzetugutmen/gettyimages

金運に影響を与える西にトイレがあると、金運にダメージが及びます。また健康上では、歯と胃にダメージがあるので歯科検診と胃の検査を定期的に受けましょう。
トイレグッズは金運カラーの黄色を多用して。

北西のトイレ:肝臓の病気と夫の金運ダウンに注意

北西は一家の主(あるじ)の方位なので、ここにトイレにある家は、夫の健康運と金運を上げる風水を。
トイレグッズはラベンダー色とグリーンが吉。

家の中心のトイレ:金運にも健康運にもダメージ大!

本来ならパワーが集中するはずの家の中心にトイレがあると、家全体がパワーダウンします。家族が次から次へと病気にかかったり、そのせいで病院代がかさんだりして、いいことがありません。
トイレグッズには不運を払うラベンダー色を取り入れて、掃除と換気を徹底しましょう。

まとめ

トイレがある方位によって、それぞれ運気に影響が出てきます。その方位と相性のいい色やモノを置いて運気を上げましょう。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND