【無印良品】片づけのプロがやっぱり定番のファイルボックスを選ぶ理由

2021/04/07

年子姉妹と賃貸暮らしの転勤族、整理収納アドバイザーでサンキュ!STYLEライターの山田なみです。「普通の家で普通の暮らし、誰でもできる収納のこと」をテーマにお伝えしています。

初めて会った人に整理収納アドバイザーであることを伝えると「やっぱり家はファイルボックスがずらっと並んでたりするの?」とよく聞かれます。SNSの影響もあり、整理収納といえば無印良品のファイルボックスというイメージがすっかり浸透しているように思います。

でも一方で、おしゃれのための収納では?本当にそんなもの必要あるのかな?と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。今回は家中で収納用品として愛用している私が感じる、ファイルボックスの便利なところをご紹介します。

1上限が自然と決まる

整理収納の敵と言えば、買いすぎ・持ちすぎです。ファイルボックスに収納すると、自然と「入るだけ」に限られるため過剰に持つことをセーブすることが出来ます。ついつい溜めがちな紙袋や日用品のストック、趣味で収集しているものなどの収納におすすめです。

2シンデレラフィットさせやすい

収納の難しいところといえば、ぴったり合う収納グッズを探すこともその1つだと思います。棚のスペースを測ってメモして100均を回ってケースを買ってみたけど、ほんの少しスペースが足りなかったなんて経験がある方もいるのでは?

でもファイルボックスは5・10・15cmと決まっているので、計測したり探したりという手間から解放されるんですよね。家に既にある場合は、新しく必要になっても事前にお試しすることができるし、使わなくなっても他に使い回せるところもおすすめです。

3考えるのは「置く場所」だけ

「置けるところに」で防災備蓄はキッチンに

あそこにこれを収納できたら便利なのにと思っても、限りある家の中ではそう思いどおりに収納できないこともありますよね。そういう時ファイルボックスに入れておくと、それだけである程度収納としての体をなすので、あとはそれをどこに置くかだけ考えればよく便利です。要はファイルボックスに入れてさえしまえば、置けるところならどこにでも置けるんですよね。

例えば我が家では、ファイルボックスに入れた防災備蓄をスペースの空いているキッチンに置いています。また子どもの興味で変わるおもちゃのように頻繁に置き場所を入れ替えたいものや、引越しや模様替えが多い家にもおすすめですよ。

さいごに

引越しを目前にした我が家では、そのまま箱詰めできて、新しい家でも置くだけのファイルボックス収納の良さを改めて実感している最中です。今までちょっと抵抗があった方も、この機会にぜひ検討してみてくださいね。




●記事を書いたのは・・・山田なみ
整理収納アドバイザー。年子姉妹のママで賃貸暮らし転勤族。普通の家で普通の暮らしを、合理的で効率的に。

※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND