捨てられない人が「最初に手をつけてはいけない物」ワースト3

2021/12/25

家のものを整理をしよう!と思っても、なかなか思い通りに進まない事はありませんか?それは、取りかかる順番に問題があるかもしれません。

捨て下手さんこそ最初に手をつけると苦戦してしまう物ワースト3を、整理収納アドバイザーのシンプリストうたさんに、自身の経験も交えて教えてもらいました。

整理・収納、家事・料理などさまざまな暮らしのアイデアが集うサンキュ!STYLEから、注目の記事をピックアップ...

>>>サンキュ!STYLE編集部の記事をもっと見る

【第3位】洋服

第3位は「洋服」です。
厳密に言えば、「最初から完璧にしようとしない」が正解です。

あまりにも大量なのに完璧にしようとすると他のことが疎かになってしまいますし、ファッションが好きすぎると、どれも愛着があるものばかりなので、判断に時間がかかりすぎてしまいます。

私も過去に全出し整理をしたことがありますが、洋服の山がなくなるまでに3ヶ月もかかりました。50着程度手放せても服が多いことには変わらないため達成感もそれほどなく、モチベーションが下がってしまいました。

手をつけたとしても初めは深入りせず、すぐに判断できる物だけ間引く程度でよいでしょう。
他の物も選別するうちに自然と判断力も身につき、スピーディに判別できるようになります。

【第2位】趣味の物

第2位は「趣味の物」です。
ついつい増えてしまいがちな趣味の物ですが、最初に手をつけるのはちょっと待った!

好きな物からわざわざ手をつける必要はありません。
周りを見回してください。不用品や不快になる物がゴロゴロ落ちていませんか?

「楽しみを増やして不快を減らす」スタンスでいくと、順番的には後回しで大丈夫なのです。

ただし、過去の趣味の物は、「不用品」として分類されるので、譲るや売るなどして最適な手放し方をしましょう。

【第1位】思い出の物

第1位は「思い出の物」です。
整理しようと思っても、つい手を止めてしまいなかなか進まない経験はありませんか?
私もそのひとりでした。

不要だと分かってはいても、思い出の物を捨てることは、なかなか勇気のいることです。
こちらも最初から完璧にしようとせず、写真であれば、ミスショットや同じような写真を間引くことから始めるとよいでしょう。

初めは思い入れがあってなかなか捨てられない物でも、経験を積むごとに感情的になりすぎずに作業することができますよ。

思い入れのある物は段階を踏んでからでOK

この3つの共通点は、「思い入れのある物」です。
感情が左右される物ほど、判断が難しく時間もかかってしまいます。

まずは、賞味期限が切れた食品や、捨て方が分からなくて放置していた物、思い入れがない日用品など、明確に判断できる物から整理していきましょう。

■執筆/シンプリストうた…ズボラでも小さな子どもがいても、スッキリ暮らすためのストレスフリーな方法を提案する整理収納アドバイザー。68平米のマンションでの家族4人のリアルな暮らしぶりを紹介するインスタグラムが人気。
編集/サンキュ!編集部

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND