春休みに備える!子ども部屋収納「よくあるお悩み」の解決法

2019/02/25

ママたちが抱える「子ども部屋収納のお悩み」を、整理収納のプロが解決!毎日使うおもちゃはもちろん、春休みなどの長期休みの際に持ち帰る子どもグッズや作品類もきちんと整理して、スッキリした気持ちで新学期を迎えましょう。

<教えてくれた人>
金内朋子さん(整理収納コンサルタント)
夫、長男(15歳)、二男(13歳)、三男(10歳)、長女(6歳)の6人家族。整理収納アドバイザー2級認定講師。著書に『散らかし屋さんが片づけたくなる部屋のつくり方』(ワニブックス)http://heya-koto.com/ 


*HOUSE DATA*
築11年/分譲マンション/3LDK(88㎡)

【1】おもちゃは手軽に持ち運べる軽いバケツに

おもちゃは持ち手つきのバケツに種類別に収納し、使う分だけをリビングへ。カラーボックスに入る分だけと量を決めれば、おもちゃが増えすぎることもなくなります。

【2】「学用品」のスペースをあけておく

絵の具や楽器、上ばきなど、学期ごとに持ち帰る学用品にも、あらかじめ専用のスペースをつくっておけば、長期休暇中の置き場に困ることもなし!

【3】子どもの作品コーナーをつくる

新しい作品が来たらまずはリビングに飾り、その後子ども部屋の専用コーナーへ移動。その作品を今後も取っておくかどうかは、その都度子どもと話し合って決めると◎。

春休みは部屋をキレイにする絶好のチャンス!成長とともに変化する子ども部屋の収納は、学年が変わるごとにその都度見直すようにしましょう。

参照:『サンキュ!』3月号「間違いだらけの片づけ法」より。掲載している情報は19年1月現在のものです。撮影/小野田陽一 取材・文/梶謡子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND