1. トップ
  2. お金
  3. 【え!?それだけ?】「買い物回数」を減らしたら、ブラック家計を脱出できた!

【え!?それだけ?】「買い物回数」を減らしたら、ブラック家計を脱出できた!

2018/09/09【 お金 】

毎月やりくりを頑張っているつもりでも赤字になってしまったり、知らぬ間に使途不明金が膨らんでいたり……ブラック企業ならぬ、「ブラック家計」になっている人が多いんです。『サンキュ!』編集部では、「脱・ブラック」を果たしたご家庭に取材を敢行。成功のカギは、買い物の仕方にあった!?

●教えてくれた人……ふわふわパンさん
夫(34歳)、長男(8歳)、二男(3歳)の4人家族。結婚11年目。夫の転勤に伴い、1年前に東京から香川へと引っ越し。●世帯月収(手取り) 30万円/世帯年収(手取り)450万円/年貯蓄額約180万円/総貯蓄額約730万円

ゆとり期

夫婦2人で月収約35万円と余裕があったため、お金づかいも無計画。「お菓子やお酒も切らすのが嫌、日用品もないと不安」と、毎週のように大型商業施設に出かけて買いだめしたり、外食するのも当たり前でした。

*月貯蓄2万円くらい?

無自覚期

長男妊娠を機に専業主婦に。でも、お金づかいは変わらず。夫の月収23万円だけになったのに、家計を見直しせず、まとめ買いしては家中に物があふれている状態。家計簿に挑戦してもすぐリタイア(涙)。「先取り貯蓄はしているし」と甘く考え、赤字である自覚は完全にゼロ。

*月赤字7万~10万円?

目覚め期

二男の妊娠中、夫に貯蓄額を聞かれ、正直に答えたら、「こんなに働いて収入も増えたし、贅沢もしていないのにどうして? 」とがっかりされたのが胸に刺さりました。まず1カ月家計簿をつけて、赤字の把握からスタート。

*月赤字7万以上!

葛藤期

無計画に買ったレシートの長さや量にびっくり。毎日行っていた買い物回数を週3回→週2回と減らしていったら、ダブり買いもなくなりました。さらに、「安さ目当て」で店をはしごするのをやめたら、自然と予算が守れるように。

*月貯蓄3~5万円

貯蓄安定期

買いたしせずに作れるものをレシピサイトで検索するなど、〝今あるものでなんとかする〞練習を繰り返すうちに、食費予算も安定。目的なしになんとなく外出することがなくなり、外食やムダ買いも減りました。

*月貯蓄7~8万円

家計改善にこれが効いた!

■家計の実情をチェック!
『サンキュ!』の付録の手帳にイラストを描いてやる気をアップ!挫折しそうになるたび、夫の落胆した表情を思い浮かべて継続しました。

■パン作りでストレス発散!
やりくりを始めたころ、パンやお菓子作りが趣味に。それがいいストレス解消になり、買い物より家にいる時間が好きになりました。

毎月マイナスのブラック家計でも、やりくりを見直して意識を変えていけば、プラス家計に転じることは可能!やりくりが苦手な人も、できることからコツコツと始めてみましょう。

参照:『サンキュ!』9月号「『貯蓄ゼロ』からの大逆転!脱・ブラック家計」より。掲載している情報は18年7月現在のものです。構成/宮原元美 取材・文/秋山由紀 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP