やりくり費も税金も全部PayPay払いでポイントゲット!現金が見えなくても貯蓄をキープする方法

2021/09/07

生活費の支払いのほとんどをキャッシュレスにして、年100万円貯めている読者の活用テクをご紹介。ぜひ参考にして、"貯まる"キャッシュレスを目指しましょう。税金もやりくり費もうまく活用してお得に♪

<教えてくれた人>
『サンキュ!』読者 Pさん(大阪府 38歳)
夫(35歳)、長女(4歳)の3人家族。派遣社員としてフルタイム勤務。キャッシュレス達人として、『サンキュ!』にもたびたび登場。

◎MONEY DATA◎
●世帯月収(手取り) 40万円
●世帯年収(手取り) 約600万円
●月貯蓄額 5万~10万円
●年貯蓄額 約120万円

キャッシュレスでも予算は同じ。だから、家計がくずれません

「生活費をせっかく払うのなら、キャッシュレス決済でポイントをためたほうが絶対お得!ポイント分で外食したり、好きな物を買えるからストレスもたまりません。予算の範囲内でその都度残高をチェックしているので、現金が見えなくても使いすぎることがなく、貯蓄をキープできます」。

税金もPayPayで支払い

【ポイントGet】
税金の納付書に印字されているスマホ決済用バーコードを読み取るだけ。「支払いに行く手間がなく、手数料がかからないのもメリット。支払額が大きいのでポイントもガッツリためられます!」。

固定資産税11万8000円支払い
→ 2360LINEポイント+590PayPayボーナス

たまったポイントで母の日にスイーツをプレゼント!

LINEショッピングの母の日キャンペーンを利用し、高級スイーツをプレゼント。「LINE ポイントで支払ったので、持ち出しゼロでした」。

やりくり費はほぼPayPayで支払い

【ポイントGet】【管理がラク】
スーパーだけでなく、洋品店、美容院など、PayPayが使える所では現金を使いません。「LINEクレジットカードでチャージしているので、LINE ポイントもたまり、ダブルでお得に!」。

LINEクレジットカード
→ PayPayに月5万円チャージ

日用品購入や外食はキャンペーンを狙う!

【お得UP】
「〇〇Pay」の決済は、独自のキャンペーンやクーポンが豊富!「PayPayで実施されている、30%ポイント還元などのキャンペーンを狙って化粧品などをまとめ買いしています」。

※このキャンペーンは、現在終了しています。

PayPay、カード払いもアプリを見てPC入力

「それぞれの支払いは各アプリで確認し、家計全体をまとめて見るためにPCのエクセル表にも入力しています」。毎月の予算も見通せるので、使いすぎがありません。

※この特集で紹介している情報は、21年6月30日現在のものです。

参照:『サンキュ!』2021年9月号「別冊:本当に使える!キャッシュレスやりくり最強ガイド」より。掲載している情報は2021年7月現在のものです。構成・文/宮原元美 編集/サンキュ!編集部

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND