不安が青天井の出費につながる…塾・予備校費の実例と対策

2019/05/10

子どもの高校受験に備え、今から塾を探しているという人も多いのではないでしょうか。塾代は入学金に講習費、夏期・冬期講習、直前対策などの追加請求、受験回数の増加に伴う受験料の度重なる支払いなど使うお金がたくさん。しっかり管理しないと、知らないうちに家計がガタガタになりますよ。実際にどれくらいお金がかかるのか、先輩ママたちに教えてもらいました。

体験談1 集団塾 月2万6000円(中3)

受験直前になると入試対策講座や模試代がかさみました。毎月の塾代は中3にしては比較的安いのに、追加でかかる費用が多く、春・夏・冬の講習、入試対策講座、お正月特訓、模試代などを合わせ、1年間で56万円かかりました。成績も上がり、志望校にも合格できましたが、二男のときはもう少し削れるように検討中です。(サンキュ!ブロガー Uさん/東京都)

体験談2 個別塾 月5万円(高3)

集団塾が合わなくて、高3のときに個別指導塾へ。息子に合わせて指導してもらえたのはよかったけれど、夏期は70万円、冬期は60万円払いました。(『サンキュ!』読者 H・Mさん/埼玉県)

体験談3 個別塾月3万円、夏期講習代に20万円(中3)

「これをケチって落ちたらどうしよう」と思うと4万でも5万でもじゃんじゃん払ってしまう親心(涙)。金銭感覚はまひし、夏期も冬期も20万円かかりました。(サンキュ!ブロガー Sさん/東京都)

体験談4 少人数塾月2万5000円(小6)

個別指導塾は高額すぎて断念!娘の性格に合った少人数の塾を選びました。集団塾ですが、ほかの塾に比べてひとクラスの人数が少なく、きめ細かに指導をしてくれるところが気に入りました。先生の目が行き届くので安心です。(サンキュ!ブロガー Nさん/東京都)

【お金のプロからアドバイス】
「高校受験はほぼ全員がするので、そのための塾代は必要になるものだと思って準備するといいでしょう。特に中3の塾代は年約40〜50万円はかかると覚悟しましょう」

<お金のプロ>
●畠中雅子さん(ファイナンシャル・プランナー)
教育費や保険、老後資金に関する執筆や、全国で講演も行う。自らも3人の子どもを育て、現在は2人が大学生のため、教育費の重みをまさに体感中。

大学受験に関しては塾のシステムや受験先によっても金額が大きく変わるので、早めに情報を収集し、まとまった金額を取り分けるのがおすすめです。

参照:『サンキュ!』5月号「子どもにかかる あんなお金・こんなお金」より。掲載している情報は19年3月現在のものです。監修/畠中雅子 イラスト/徳丸ゆう 取材・文/秋山由紀 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND