貯金箱とお金の札束

年収300万円台でも楽しく1200万円の貯蓄に成功して夢も実現!その秘訣とは?

2020/06/08

趣味や自分の時間を充実させれば、なんと1000万円を超える貯蓄も達成できちゃうんです!年収300万円台でも、ポジティブ思考で無理なく&アイデアや工夫で楽しく貯蓄を続けるコツを教えてもらいました。

<教えてくれた人>
Mさん(兵庫県 44歳)
夫(45歳)、長女(7歳)、長男(5歳)の4人家族。住まいは持ち家一戸建て。週3日パートで保育士をしている。パート代を貯めて昨年、自宅の庭に念願だった手芸小屋を建築。

◎MONEY DATA◎
世帯月収(手取り)29万円
世帯ボーナス(年間・手取り)0円
年収(手取り)348万円
年貯蓄額 約150万円
総貯蓄額 1200万円

おうち時間をトコトン充実させたら、1000万円が貯まった!

サンキュ!を参考に1200万円の貯蓄を達成したMさん。「大好きな手芸が目いっぱいできる手芸小屋を建てるのが夢だったんです。どんな部屋にしようか、あれこれ妄想していました(笑)」。60万円をパートでコツコツ貯めてその夢を実現。小物を作ったり、お茶を楽しんだり……家で過ごす時間が充実し、外出がめっきり減り、貯め活にも勢いがついたそう。「やりたいことがあれば、お金は頑張って貯められる!」と目標を持つ大切さを実感。夢ノートに自分のやりたいことや目標を書いてモチベーションをアップさせ、持ち前のポジティブ思考で節約も無理せず、ゲーム感覚で楽しんでいます。

Mさんの1カ月の家計表

<収入>
夫月収(手取り) 25万円
妻月収(手取り) 4万円

<貯蓄>
先取り貯蓄 12万円

<支出>
住居費 6万円
水道・光熱費 1万5000円
通信費 1万8000円
生命保険料 1万円
子ども費 3000円
レジャー費(余った場合は貯蓄へ) 1万円
ガソリン代 1万円
食費・日用品費 2万5000円
夫小遣い 1万円
妻小遣い 3000円

残し貯め 6000円

家の中の私スペースと私時間が楽しすぎて、外出やカフェの誘惑が消えた!

ずっと憧れていた手芸小屋が完成し、そこで自分だけの時間を過ごせるので、外出しなくても充実。服や雑貨も手作りするので、お金を使うことが減りました。

子どもの服や小物を手作り。

お気に入りのカフェスペース。

なんとかするのみ精神でアイデアが思いつくとワクワクする!

ない物を慌ててすぐ買いに行くのではなく、ある物でいかに代用するかを考えます。マイナスがプラスに変わると、ゲームをクリアする感覚でやみつきになります!

IDEA

□クルトンがなければパンを焼こう
□鍋がなくてもフライパンで作れる
□棚がなければDIYで作る
□ドレッシングがなければ酢と油と塩を混ぜよう

特売の大根はあの手この手で。丁寧においしく食べ切るのって楽しい!

特売時に大量に買った大根は、おでんにしたり、炒めたり、おろしたり。皮だって干してでも食べ切ります。考えなしに買い物をしていたころより、使い回しやリメイクを考える今のほうが料理も楽しい!

挫折買いを防止するためにプチごほうびだって忘れない!

パートを頑張ったときや、疲れたときはごほうびのおやつを買って充電。頑張った自分を褒めてあげると節約の反動で買い物欲に走ることもありません。

手作りスコーンは心と体にやさしい。

マイナスをプラスに変えるポジティブ思考は、貯まる家計づくりの大きな源!

自分の「好き」があるって強みになるんですね。夢や目標があるから節約も苦にならないし、節約自体も楽しめるということがわかりました。

参照:『サンキュ!』2020年6月号「収入と貯蓄大調査」より。掲載している情報は2020年4月現在のものです。撮影/天野良子、キムアルム 取材・文/秋山由紀 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND