お金を節約し、個人的な財政の財政計画とは、白の背景に分離ブロンズと銀の色のコインの山の上に座ってピンクの貯金箱のテーマと倹約の概念

シンママでも貯めた!みんなの貯蓄テク大公開

2020/10/01

貯めるのにいいわけはいらない!9月からの4カ月間で10万円貯めるチャレンジ、中だるみしがちな魔の11月をどうやって乗り越えたのか&なるほど!なテクニックを貯蓄達人たちに教えてもらいました。

2018年度大賞 シンママでも貯めた!

月収23万円(当時)でも、4カ月で18万円貯め、家計が劇的に変化。「9、10月とやってみて、まだ貯蓄できる余地があると気づき、それを自信にして、11月を乗り切りました!」。

サンキュ!アンバサダー KAORIさん(千葉県 46歳)
●月収(手取り)25万円
●月貯蓄額 9万円

「お金をかけなくてもできること」を試してみた

「これがないから」と我慢するのは、ストレスに。例えば、肉や魚がなくても、今ある食材で何か代用できないか考えてみる。それがおいしくできるとアレンジが楽しくなり、節約疲れも解消!

欲しい物は、じっくりリサーチしてお得に買う!

冬物が欲しくなったら、手持ちの服を確認。本当に必要だと思う物を明確にしたら、古着屋さんへ。数百円でイメージどおりの物が見つかることもあり、買えたことで満足度もアップ!

たまったポイントで「ごほうびスイーツ」を!

やる気がダウンしたときは、ポイントや金券で、食べたかったスイーツを購入。おいしい物を味わい、自分をいたわると、「また頑張ってみようかな」と前向きになれます。

2019年度努力賞を受賞

10万円チャレンジで、やりくりへの苦手コンプレックスを克服!コロナ禍でボーナス減でも貯蓄をキープ中。「11月はあえて淡々と過ごすことでストレスを回避しました」。

『サンキュ!』読者 のりこさん(埼玉県 36歳)
●世帯月収(手取り)30万円
●月貯蓄額 4万円

単発バイトをして、中だるみをセーブ

求人サイトで、単発のグッズ販売や覆面調査の仕事に申し込み。夫に子どもを預けて3日間働いたら、2万円以上の稼ぎに!バイトなどで忙しくしていると、節約疲れを感じる暇がありません。

「ブラックフライデー」に欲しい物をゲット!

11月末にブラックフライデーがあり、多くのお店がセールに。欲しい物を事前にリストアップしておき、この時期に合わせて買えばよりお得にゲットでき、物欲を満たせます!

「自分はお金を生み出している」と自信をつけた

落ち込んだら、家計簿を見返して「ちゃんとできている」と自分を褒める。自分のやりくり次第で楽しいことや、やりたいことにお金が使えると思うと、主婦として自信がつき、前向きになれます!

参照:『サンキュ!』2020年10月号「みんなで年末までに10万円貯めよう!」より。掲載している情報は2020年8月現在のものです。構成/宮原元美 取材・文/大上ミカ 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND