携帯電話でオンラインショッピングカラフルなバッグを運ぶ美しいアジアの女性

貯まらない理由がわかる【買い物のクセ診断】あなたのタイプは!?

2021/01/10

安いとついカゴに入れちゃったり、「限定品!」の言葉に釣られて散財したりしていませんか?そんな無意識な買い物の"クセ"に、貯まらない理由が隠れていました!自分のクセを知って対策すれば、今日から出費が減って自然と貯まるはず!

<教えてくれた人>
マネーコンサルタント 市居愛さん
夫婦で無職&貯蓄なしのピンチを脱した体験から、お金の通り道を整えて貯める方法論を考案。主婦を中心に4000人以上をサポート。2児の母。著書に『お金を整える』(サンマーク出版)。

あなたはどのタイプ!?買い物のクセチェックリスト

いちばん多くチェックがついたタイプを見れば、ついやりがちな「買い物のクセ」と、そこに潜む「ムダ買いの原因」がわかります。それを自覚するだけでも浪費が減るはず!

貯まらない理由診断のやり方

(1)AからDのチェックリストにトライ!

(2)AからDの中でいちばんチェックが多くついたタイプを選ぶ

(3)タイプ別の「やりがち失敗談」から学ぼう

タイプA

□100円ショップでの買い物が多い
□「割引価格」や「お買い得」の言葉に弱い
□レジ横の商品をつい買い物カゴに入れがち
□安い物は箱買い&大袋で買うことが多い
□安いからと買ったけど使ってない物がある
□レジで支払い総額が高すぎて驚くことがある
□自分は買い物上手!と思っている
□1万円札が光の速さでくずれていく

タイプB

□家にアマゾンや楽天の段ボールがたくさんある
□注文したことを忘れていた物が届いて驚いたことがある
□買った家具や家電のサイズに驚いたことがある
□洋服を試着せずに買って失敗したことがある
□ネットで買うとき特にレビューは読まない
□お正月の福袋は必ず買う
□買った物の取扱説明書は読まずに捨てる
□買い物は基本的にカード払い

タイプC

□ドラッグストアはつい長居してしまう
□今、家にラップのストックが3本以上ある
□旅行に行く前の準備は、まず買い物から
□「切らしたら困る」と思って買いがち
□冷蔵庫の中がパンパンでもスーパーに行きがち
□コロナ禍で買い込み、使っていない物がある
□「品薄」と聞くとなぜか買ってしまう
□家計簿はつけているのに予算オーバーしがち

タイプD

□SNSを見てマネして買った物が3つ以上ある
□試食をすると断れなくて買ってしまう
□欲しいと思った物は、行列に並んででも買う
□ママ友が持っている物やファッションが気になる
□友達と買い物に行くのが好き
□趣味や習い事はなにごとも形から入るタイプ
□「これなんで買ったんだろう?」と思う物がある
□毎年、家計簿を買い換えるけど続かない

Aがいちばん多かった人は

衣料品ブティックでの販売サイン
SeventyFour/gettyimages

【安物買いのクセが強いタイプ】
100均グッズやセール品など安い物が大好き!「安いから」と油断して買いすぎるため、気づいたらお金がないという状況に。小さな出費を甘く見がちなので、それを抑えることから始めよう!

Bがいちばん多かった人は

若い美しいアジア女性のスマート フォンとクレジット カードを使用してコピー スペースで自宅のオンライン ショッピングします。電子決済技術、買い物中毒のライフ スタイル、または携�
Sushiman/gettyimages

【よく調べないで買うクセが強いタイプ】
欲しい物を見つけたら「これだ!」と直感で購入。でもサイズや機能などのリサーチが甘く、ムダになったり買い直したりで出費が増えがち。少し時間をおいてよく調べてから買うよう意識すると◎。

Cがいちばん多かった人は

トイレットペーパー
Matsuringo/gettyimages

【不安から買いすぎるクセが強いタイプ】
心配性で、あれこれ不安を感じがちな性格。食材や日用品などまだ在庫があっても「あると安心だから」と買いすぎて赤字に!行動パターンを少し変えると不安が減り、出費も減るはず。

Dがいちばん多かった人は

アジアの女性
miya227/gettyimages

【まわりに流されて買うクセが強いタイプ】
口コミやその場の雰囲気に影響されやすく、気に入って買ったのにすぐ飽きて不用品と化すパターンにはまりがち!自分の「好き」を明確にすると、まわりに流されて買う失敗が減るかも。

"やりがち失敗談"から学ぼうの会

買い物のクセ別に、ついやりがちな「買い物の失敗あるある」を集めました。「失敗は成功のもと」。ムダ買いした理由を考えて買い方などを変えれば貯蓄アップにつながります!手軽に実行できるアドバイスもぜひ参考に。

安物買いのクセが強いAタイプ

●100均で盛り塩の型、謎のW買い!

先日買った型が大き過ぎ、数日後にベストサイズを見つけて再購入。「安いしまあいっか」と思いつつ2個もいらない……。
(今月も貯蓄0円!ニシホさん 48歳)

●仕事帰りに寄ったコンビニで……

牛乳などたりない物だけ買って帰るつもりが、店内を1周してお菓子もカゴへ。ちりつもで月数千円、余計に使っちゃう!
(毎月3万円の赤字!あっこさん 46歳)

●不用品を売った以上に爆買いっ

リサイクル店に服を売りに行き、査定中に店内でお値打ち品を発見!売り上げは100円だったのに1000円も使っちゃった(涙)。
(教育費で家計は火の車!みなくるさん 48歳)

市居さんのすぐできアドバイス

1 月初に「今月欲しい物」を書こう
手帳などに欲しい物を書き出し、予算や希望の色、サイズなども具体的にメモ。希望に合う物をじっくり探して手に入れると買い物欲が満たされ、安さにつられて買う失敗が減ります。

2 財布に1万円札を入れるのをやめよう
お金を多めに持ち歩くと、気が大きくなって財布のひもがゆるみがち。外出先で買いたい欲求をコントロールできないなら、財布に1000円だけ入れるなどして、出費を制限して。

よく調べないで買うクセが強いBタイプ

●買ったパソコンが仕事で使えなかった

ネットで8万4000円のパソコンを買ったら、仕事で使うソフトが入ってない!ソフトを追加して痛恨の臨時出費2万円。
(毎月やりくり費が1万円オーバー!N·Yさん 40歳)

●念願のグラタン皿がスマホサイズ!

ずっと欲しかったかわいいグラタン皿。ネットで見つけて「これだ!」と買ったら、驚きのミニサイズ!2700円もしたのに~!(涙)
(40代なのに貯蓄なし!みかんさん 41歳)

●4回で終了した夫のオンライン英会話

申し込み後すぐ夫の仕事が忙しくなり、続かず。「またやるかも」と思って会費を払い続けたけど、結局は全てムダに……。
(毎月なぜか予算オーバー!M・Mさん 36歳)

市居さんのすぐできアドバイス

1 「貯めてから買う」習慣をつけよう
欲しいと思ったらすぐ買えちゃうカードはお休みして、現金を貯めてから買うようにして。貯めてる間に使うシーンをイメージしながら必要な機能やサイズを見極めると、冷静に判断できます。

2 買う前に夫や家族にじっくり相談してみよう
自分1人で即決する前にだれかに相談を。冷静な意見を聞くことで買いたい衝動がクールダウン!浪費を防げます。家電などは、実際に使っている人から使い勝手を聞くのも◎。

不安から買いすぎるクセが強いCタイプ

●使い切れない量のストック品で収納ごちゃごちゃ!

洗剤や除菌剤などはストックがないと心配だから、店に行くたびに購入しちゃう。でもそれほど使わなくて、気づけば棚からあふれそう!
(総貯蓄額ほぼ0円ちくわさん 37歳)

●冷蔵庫を開けたらなだれてくる食材たち!

育ち盛りの子どもがいるので「食べ物を切らすわけにはいかない!」とあれこれ購入。買い物後は冷蔵庫の扉が閉まらないほどパンパンに!
(双子の教育費で大ピンチ!えりりんさん 38歳)

市居さんのすぐできアドバイス

1 モヤモヤしたら、部屋を片づけて体を動かそう
不安でモヤッとしたら、テレビを消して、片づけや掃除で体を動かすと心もスッキリ!片づけるついでに在庫の量を把握すると、「ストックがこれだけあれば大丈夫」と冷静になれるはず。

2 今より少し、買い物の頻度を減らしてみよう
店に行くと不安感からどうしても買ってしまうなら、買い物に出る日そのものを週1~2日減らしてみて。財布を開く回数が減ればその分出費を抑えられて、おのずと貯まります!

まわりに流されて買うクセが強いDタイプ

●ノリで買って眠っているかき氷機

●マスクを縫おうと思って死蔵品になったミシン

「息子に夏の思い出を♪」とかき氷機を2000円でGET。裁縫が苦手なのに買ったミシンは1万5000円。どちらもすぐ飽きてホコリをかぶってます。
(総貯蓄額が30万円台ひなぴぴさん 32歳)

●気が合わないママ友との味がしないランチ

誘いを断れずに参加したけど、話が合わず気をつかって食べた気がしなかった(涙)。食事代2000円損した~!
(貯めてもすぐ出ていく家計★にしやんさん 36歳)

市居さんのすぐできアドバイス

1 「欲しい」と思ったらゆっくりランキングをつけてみよう
実は自分の欲しい物がわかってないから、流行や人の意見に左右されがちに。欲しい物を書き出して「優先順位」をつけてみて。本当に必要な物がわかってきっと浪費が減りますよ。

2 意味もなく見てしまうSNSやアプリを1つ消してみよう
口コミに反応しやすいので、日常的に入ってくる情報量を減らすと◎!そうすることで「私も欲しい!」「楽しそう!」とノリで衝動買いするリスクが減って貯めやすくなるはず!

参照:『サンキュ!』2021年1月号「貯まる貯まらないは使い方が9割」より。掲載している情報は2020年11月現在のものです。監修/市居愛 構成/竹下美穂子 取材・文/神坐陽子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND