口寂しくてちょこちょこ食べてしまう!どうしても痩せられない人はどこを変えたらいい?

2021/10/31

口が寂しくてついつい1日に何回もおやつを食べてしまう!どうしてもやせられない人の平日、どこを変えればいいの?専門家がうっかり行動にアドバイス。生活を見直してやせやすい体をめざしてみましょう。

今すぐできる素敵なくらしのアイデアを毎日発信中。お金の貯め方から、時短掃除、洗濯、料理作りなどの家事の知恵、...

>>>サンキュ!編集部の記事をもっと見る

<教えてくれた人>
ダイエットコーチ EICO先生
700人超を10kg以上やせさせた専門家。自身も22kgのダイエットに成功。著書に『ちりつもダイエット ちりも積もれば脂肪は消える!』(学研プラス)。

月子さん(大阪府 47歳)
夫:47歳 子ども:長男(11歳)、二男(7歳)
身長:156cm 体重55.6kg 仕事:専業主婦

□とにかく甘い物が大好き!
□運動はやっても三日坊主で続かない

月子さんの平日

5:00 起床
韓国や日本のドラマを見るのが楽しみ。朝食まではお茶のみ。

7:00 朝の家事

●朝食はフルーツやヨーグルトなどバランスよく

たんぱく質不足。卵料理を1品加えて。

9:30 掃除・買い物など

10:00 家事の合間に一口おやつ
【うっかり1】

12:00 お昼ごはん
前の晩の残り物でさっとすませます。

密閉容器のまま食べちゃうよ~。

13:00 お昼のあともすぐ甘いおやつ
【うっかり2】

14:00 家事の合間にごほうびおやつ

15:00 子ども帰宅・宿題を見たり

16:30 夕ごはん準備
夕ごはんを作りつつ、味見がてらつまみ食い
【うっかり3】

18:00 夕ごはん
栄養バランスを考えてしっかり食べます!

19:00
夜は食べないように家族全員我慢

22:00 就寝

【うっかり1】家事の合間に一口おやつをちょこちょこ

冷蔵室のドアポケットがお菓子専用BOXに。チョコやパイなどのミニサイズのお菓子をストック。

冷蔵室に常備。

高級なスイーツをじっくり味わう

手ごろなお菓子は記憶に残らず、何度も食べてしまうもの。脳にしっかり記憶させるために高級チョコなどを食べて。冷蔵庫の扉に鏡をつけると抑止力が働きますよ。

【うっかり2】お昼ごはんがたりず、直後におやつタイム

残り物の煮ものとお茶漬けなどですますことがほとんど。最後に甘い物が欲しいのでスイーツを少し。

サラダや汁ものをつけ、食事を増量!

食後にスイーツを食べるのは食事量がたりていない証拠。もやしのナムルなどの常備菜を数種類作っておき、少ない日はプラスすると無駄な食欲が抑えられます。

【うっかり3】味見という名のつまみ食いが結構な量に……

たんぱく質やビタミンなど栄養バランスを考え、おかずの種類を多めに。でも作りながら1皿分も味見。

つまみ食いした分、夕食を減らす

栄養バランスはGOOD!ただ味見の量が多すぎですね。食事量は基本的に夫の3分の2で充分。そこから味見分を減らして食べるとパーフェクトな夕食になります。

日中のおやつの代わりに1回は運動の時間を!

口寂しいときほど体を動かすのがおすすめ。気分転換になり、ちょこちょこ食いを防止できます。アプリで運動量をデータ化してみて。

参照:『サンキュ!』2021年11月号「40歳過ぎても太らない人の平日」より。掲載している情報は2021年9月現在のものです。構成/岡部さつき(風讃社) 取材・文/金子由佳 編集/サンキュ!編集部

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND