目覚まし時計、カトラリーとプレート

自分の体の感覚を大切にして-16kgのダイエットに成功

2019/06/26

一口にダイエットといっても、その人によって目標や体質はさまざまですよね。今回ご紹介するダイエッターさんは、自分の体の感覚を大切にして-16kgの減量に成功しました。さっそく、そのダイエット法を見てみましょう。

-16kgの減量に成功したダイエット法とは?

出典:Instagramアカウント「marin_diet.make」

2018年4月からダイエットを始めたmarin_diet.makeさん。ダイエット当初は66.5kgあった体重が、2019年3月には-16kgの50.4kgまで減少しました。おもなダイエットの方法は、食事管理とジムでの運動。たくさん食べてやせる、やせ体質づくりを目指しているそうです。

カロリー計算よりも自分の体の感覚を大切にする

出典:Instagramアカウント「marin_diet.make」

1日の食事での摂取カロリーは、約2,000kcalだといいます。数字にとらわれて必要以上にカロリーを削ってしまうのを避けるため、こまかいカロリー計算はしていません。疲れているときは糖質を多めにする、肌が乾燥気味のときは脂質を増やすなど、自分の体の感覚で調整しているのだそう。

朝食は満腹感を感じるまで食べる

出典:Instagramアカウント「marin_diet.make」

満腹を感じないと食事後もダラダラと食べ続けてしまうので、朝はガッツリとおなかいっぱいまで食べるようにしています。この日の朝食メニューは、ご飯と納豆、目玉焼き、ブロッコリーなどの野菜とローストビーフ。ローストビーフはおかわりして、たっぷり200gも食べたのだとか。

タンパク質たっぷりのタッパー弁当

出典:Instagramアカウント「marin_diet.make」

こちらは、ある日の昼食につくったタッパー弁当です。お弁当の中身は、鶏むねそぼろ丼とローストビーフ、ブロッコリー。筋肉をつくるために、タンパク質を意識してとっていることがわかりますね。

食べすぎたときは野菜メインの食事で調整する

出典:Instagramアカウント「marin_diet.make」

お昼に食べすぎたり、プロテインをたくさん飲んだりした日は、夕食をサラダやスープなど野菜メインで調整しました。このように、ダイエットの基本的な知識や王道のダイエット法は参考にしつつ、自分の体の状態にあわせてアレンジを加えることで、無理なくボディメイクを続けているようです。

ダイエットでは、教科書通りの数字を守るだけではなく、自分の体がなにを求めているのかを見極めることも大切なのかもしれません。みなさんもぜひ、自分の体と向き合いながら、ベストな方法を見つけてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND