オーブン料理グラタン鱈、ニンジン、ネギ

41歳2児のママが美ボディをキープできる理由は?簡単・ヘルシー・おいしいオーブン&トースター調理レシピ4選

2020/04/01

ダイエットメニューのレパートリーを増やしたいかたは多いのではないでしょうか。今回は、2児の40代ママダイエッターが活用している、オーブン&トースター調理レシピをご紹介します。ほったらかし調理で、「簡単・ヘルシー・おいしい」が叶いますよ!

宅トレ&簡単ヘルシー料理で美ボディをキープ!

出典:Instagramアカウント「yukarin156cm.bodymake」

41歳で2人の子どもを育てながら、ダイエットとボディメイクに励むyukarin156cm.bodymakeさん。自宅でのトレーニングと健康的な食生活で、美ボディをキープしています。今回は、そんな彼女の食卓によく登場する、オーブン&トースター調理レシピに注目してみました。

鳥胸肉と野菜のオーブン焼き

出典:Instagramアカウント「yukarin156cm.bodymake」

鶏胸肉をそぎ切りにして、塩麹・マヨネーズ・にんにくで下味をつけ、冷蔵庫で数時間おきます。カットしたじゃがいもと一緒に天板にのせ、250度のオーブンで火が通るまで焼いたら完成。塩麹をもみこむことで、鶏胸肉がやわらかい仕上がりに。皮をむかずに厚切りにしたじゃがいも、焼き目がついたブロッコリーがとてもおいしかったのだとか。

野菜とひき肉のオーブン焼き

出典:Instagramアカウント「yukarin156cm.bodymake」

同じオーブン焼きでも、野菜をかぼちゃ・ブロッコリー・ニンニクの芽・まいたけに、肉を牛ひき肉に変えれば、まったく別の料理に変身!牛ひき肉は、しょうゆ・塩こしょうを加えてこねないようにかき混ぜ、カットした野菜の上に一口サイズくらいで落とすのがポイントです。いつもとひと味違う、こんがりとした食感が楽しめるそうですよ。

野菜とキノコの豆腐グラタン

出典:Instagramアカウント「yukarin156cm.bodymake」

かぼちゃなどお好みの野菜とキノコを、電子レンジで加熱します。次に、豆腐・みそ・マヨネーズ・とろけるチーズをフードプロセッサーで混ぜ、野菜・キノコと合わせて耐熱容器にイン。とろけるチーズをトッピングして、トースターで焼いたら完成です。野菜は蒸すだけで味つけをせず、豆腐にしっかりと味つけをするのがおいしさの秘訣♪

オーブンでつくる山芋のお好み焼き

出典:Instagramアカウント「yukarin156cm.bodymake」

卵・山芋・えのき・きゃべつ・調味料・とろけるチーズをフードプロセッサーで混ぜ、それにもやしを混ぜ込んで生地をつくります。あとは、天板に生地・豚肉の薄切り・生地・豚肉の薄切りの順で重ねて、オーブンで焼くだけ。シャキシャキのもやしと、カリカリの肉が食感のアクセントになって、子どもにも人気が高いメニューのようです。

オーブン&トースター調理は、食材を切って混ぜて焼くだけでOK。食材の組み合わせや容器を変えれば、さまざまなアレンジが可能です。ぜひ、自宅の調理器具を上手に活用しながら、新しいダイエットメニューに挑戦してみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND