公園でヨガのポーズをとる

食べることが大好きな予防医学士のダイエット法とは?30歳前後の女性におすすめの食べ方を紹介

2021/05/19

「ダイエット=食べるのを我慢すること」と考えていませんか?食べ方を工夫すれば、しっかり食べながら痩せることはできるんです!

今回は、食べることが大好きな予防医学士の女性が実践する食事方法をご紹介します。

予防医学士の“食べて痩せる”ダイエット方法とは?

出典:Instagramアカウント「rinaaaaaaaaaarina」

予防医学士として働くrinaaaaaaaaaarinaさん。食べることが大好きなので、”食べない”ダイエットではなく、さまざまなことを意識したうえで”食べて痩せる”ダイエットを行っています。さっそく、どのような取り組みをしているのか見てみましょう!

好きなものを食べて体型を維持するためにやっていることは?

出典:Instagramアカウント「rinaaaaaaaaaarina」

ダイエットで心がけているのは、体の声をよく聞くこと。たとえば、ある日の日中には食べたかったカレーを我慢せずに食べましたが、思った以上におなかがいっぱいになったため、夜ごはんは食べなかったそうです。

好きなものを食べつつ、不足している栄養を補ったり、消化のために胃腸を休めたりと、バランスをとることが大切なのだとか。

糖質をとるときに意識している食べ方とは?

出典:Instagramアカウント「rinaaaaaaaaaarina」

大好きな人が多い糖質ですが、ダイエット中は敵視されがちですよね。そんな糖質も、食べ方に気をつければ怖がる必要はないそうです。

糖質をとる前にサラダなど食物繊維をとれる料理から食べたり、腹持ちがよい穀類や芋類を選んだり、代謝アップのためにビタミンB群を含む食品といっしょに食べたりするのがおすすめなのだとか。

ついついお菓子を食べてしまう……やめる方法とは?

出典:Instagramアカウント「rinaaaaaaaaaarina」

お菓子を食べることも、なかなかやめられないですよね。でもそれは、意志が弱いからではなく、ただ習慣やクセになっているだけの可能性もあるといいます。

断ち切るためのポイントは、お菓子を食べることをまず3日間だけでいいのでやめてみること。実際に試してみたところ、間食が極端に減ったそうですよ。

夜に起きやすい過食の対策方法は?

出典:Instagramアカウント「rinaaaaaaaaaarina」

日々食事に気をつけてダイエットに励んでいても、夜に突然食欲が爆発してしまう日はありませんか?それは、ストレスが原因かもしれないとのこと。

脳が疲れてしまって判断力が低下し、夜の過食につながっているのかもしれません。ストレスをためすぎないよう、適度に発散することが重要なようです。

好きなものを食べながら、無理なく行えるダイエット方法をご紹介しました。心と体にストレスを与えないように、意識して生活することが大切なんですね。”食べて痩せる”ダイエットに興味があるかたは、ぜひ参考にしてみてください。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND