ウインナーが主役の弁当がおもしろすぎる!おぺこさんの毎日弁当5日分を大公開!

2021/05/02

自分の大好きな物を詰めればいい!品数も少なくてもOK。気持ちよく割り切って毎日楽しくお弁当を作るおぺこさん。がっつりボリューム満点&味も大満足のおいしさの工夫と目からウロコのワザを教えてもらいました。

<教えてくれた人>
おぺこさん
37歳、京都で猫のサスケと2人暮らし。介護士という仕事柄、べんとうは量を重視。著書『おぺこさんの毎日わくわく弁当』。インスタは@opeko_bento

好きな物を詰めれば、品数は少なくていい!

べんとうを作り始めたのは、コンビニで買うより安上がりという理由から。「SNS映えする素敵なべんとうは、続かなくて……。ある時、いっそ卵焼きとウインナーだけ詰めたらええやん!と割り切ったんです」。そんな、背伸びしないべんとう作りを続けていたら、インスタのフォロワー数11万人超、本まで出版することに!「無理せんと続けることの大切さが伝わったらええなと思ってます」。

1 わくわく!かくれんぼべんとう

「別に全部のおかずが見えてなくてもいいのでは?」と思ったのがきっかけ。深めのべんとう箱にぴったりの詰め方です。小さな卵焼き器(12×14cmサイズを使用)で、卵2個を使って焼くと、写真のような卵焼きが作れます!

・ウインナー
実は……下におかずがかくれんぼ!

・卵焼き
・青じそ

2 ミニウインナーぎっしりべんとう

3色丼というと普通は「鶏そぼろ」ですが、代わりに大好きなミニウインナーをこれでもか!と詰め込みました。ゆで卵は、沸騰した湯で9分ゆでるのがベスト。100均のゆで卵スライサーでカットします。

・ミニウインナー
・ゆで卵スライス
・ピーマンじゃこ炒め

3 ウインナー炒めべんとう

今日は、炒めものをドーンとのっけ弁に。おかずは一品だけなのに、なぜか豪華に見えるから不思議(笑)。具材を1種類ずつバランスよく盛りつけるとキレイに仕上がります。

・ウインナー、卵、ブロッコリーをごま油とオイスターソースで炒める

4 味つきウインナーべんとう

べんとうは、高さがそろうとキレイに見えるので、ウインナーの下にご飯を敷いて底上げ。この日のウインナーは少量のごま油で炒めてケチャップをからめ、粉チーズをふりかけました。

・ケチャップで味つけ
・この下はご飯
・卵焼き
・ちくわのオクラ詰め

ご飯に段差をつけて詰める。

5 鮭弁と思わせてウインナーべんとう

今日はヘルシーに魚べんとうなのね……と見せかけて、大好きな「マジ旨ウインナー」が5本も入っています。ゆで卵も入って、たんぱく質たっぷり。体力を使う仕事なので、量は大事!

・ごま昆布ふりかけ
・青じそ
・ウインナー
・ほうれん草のおひたし
・塩鮭
・白だしにつけた味玉

参照:『サンキュ!』2021年5月号「読者11人の毎日弁当」より。掲載している情報は2021年3月現在のものです。撮影/片岡祥、おぺこさん 構成・文/ kitsune 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND