新しいモダンなリビング ルーム キッチン。新しい家。内部の写真撮影。木の床。

夏バテしない!暑い時期の家事を乗り切るアイデア集

2019/06/30

夏場は家事をするだけでも大変。今回は、夏にバテないための家事のマル秘テクをご紹介します。

ときには家事代行にもお願いしてみる

出典:サンキュ!ブロガー大倉芙美子さん

大倉芙美子さんは、初めての家事代行に挑戦。今回依頼したのは、家中の掃除機がけと拭き掃除、そして汚れがたまっていた階段の掃除です。家中がピカピカになり、それ以外にも洗濯物を畳んだり食器洗いもしてくれたのだそう。夏の暑さが厳しい日には、家事代行をお願いするのもひとつの手ですね。

常備菜づくりは朝の時間を利用する

出典:サンキュ!ブロガーユッカさん

朝の電気代が安い時間を利用して常備菜をつくったユッカさん。朝起きてすぐではなく、雑誌を読んだり頭の中を整理して目を覚ましてから調理を開始。豚ナスピーマン味噌炒めやさつまいもの甘煮などの5品をつくりました。夏場は朝だと気温が低いので、料理もスムーズにすすみそうですね。

火を使わないでつくるハンバーグ

出典:サンキュ!ブロガーあしたばさん

レンジで簡単にできる「煮込みハンバーグ」をつくったあしたばさん。ハンバーガーの型をつくって混ぜ合わせたソースをかけたら、電子レンジで8分温めて完成。加熱前にソースをかけるのは、水分が蒸発して肉がパサつくのを防ぐためなのだそう。火を使わずにつくれるのがうれしいポイントです。

全自動洗濯乾燥機で洗濯をする

出典:サンキュ!ブロガーママーリオさん

ゲリラ豪雨など天気の変わりやすい夏。ママーリオさんは全自動洗濯乾燥機を利用して、天気に左右されることなく洗濯ができるようにしています。夜間のうちに洗濯をし、朝起きたら洗濯機から出してたたむだけ。干す手間、取り込む手間を省略できるのは、とても便利なのだそう。

夏に実践できる、バテないための家事アイデアをご紹介しました。どれも挑戦してみたくなるものばかりでしたね。気温や天候で左右されない、今回のアイデアを参考にしてみてくださいね。

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※電子レンジの加熱時間は、600Wの場合の目安です。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND