「スパイスカレー」のつぎはコレ!ルウを使わない「シチュー」のつくりかた

2019/11/17

市販のルウを使わずにつくる「スパイスカレー」が最近話題です。そこで今回は、カレーと同じく市販ルウを使うのが一般的な「シチュー」を、スパイスカレーのようにルウなしでつくる方法をご紹介します。

グルメライターとしても活躍する増田剛己さんが、プロの料理人に教えてもらったやり方なので、味のよさは保証つきですよ!

牛乳と小麦粉とコンソメがあればつくれる!

クリームシチューをつくろうと思ったら、すべての材料がそろっているのにルウがないという経験をした人はいませんか?僕はよくあります。

そんなことを居酒屋の女将さんに話したら「あら、シチューにルウなんか必要ないわよ」とのこと。えっ、では、どうやってつくるのでしょうか。

「牛乳と小麦粉とコンソメさえあればできるのよ」とのこと。あー、牛乳、小麦粉、コンソメなら家にはだいたいありますよね。で、つくり方を聞いたら、本当だろうかと思うほど簡単。実際目からウロコの方法でした。簡単だしおいしいのです。ぜひ試してみてください。

手順1:まずは、ふつうにシチューをつくるのと同じ要領で具材を炒めます

今回は2人分のクリームシチューをつくります。まずは厚手の鍋にオリーブオイルを大さじ1入れます(サラダ油でもOKです)。玉ねぎ半分、人参1/3、鶏むね肉1枚をひと口大に切ります。これらの具材を鍋に入れてよく炒めます。

玉ねぎが透明になるまで炒めましょう。ルウがあれば、この工程はズボラでもいいのですが、今回はルウなしなので、よく炒めてください。

手順2:火を止めて小麦粉を投入します

具材がよく炒められたら、大さじ2の小麦粉を入れます。ここで、ポイントなのが「必ず火を止めてから小麦粉を入れる」こと。

火をつけたままだと小麦粉がだまになってしまうこともあります。小麦粉を入れたら具材全体によくまぶしていきましょう。ここも丁寧に行ってください。

手順3:牛乳と水を入れて煮込みます

牛乳300cc、水200ccを入れていきます。ここも火を止めたまま入れます。水と牛乳を入れたら、火をつけます。よくかき混ぜてください。沸騰するまで強火で、沸騰したら弱火にします。ここでコンソメ小さじ1を入れます。その後、7~8分ほど煮込みます。吹きこぼれることがあるので、ふたはしないほうがいいでしょう。

手順4:塩コショウで味をととのえればできあがり

具材が煮えたら、塩コショウで味をととのえます。お皿に盛りつけたら、乾燥パセリをふりかけます。これでできあがりです。ね、とても簡単でしょ。味は、シンプルな味わいで具材のおいしさがストレートにやってくる、市販のルウとはまた違ったやさしい味です。

自分なりの味をつくってみよう!

この方法はいろいろな料理に応用できます。具材を炒めて、小麦粉を入れたところで、次に牛乳ではなく、カレー粉を入れると、昔ながらのカレーができます。シンプルなので、ここから自分なりの工夫をしてみるのもいいでしょう。

市販のルウだと失敗しない代わりに、画一的な味になってしまいがち。ここはひとつ、ルウを使わず、自分なりの味をつくり出してみましょう。


◆監修・文/増田剛己
WEBや雑誌などで散歩関係の記事を書いているフリーライター。主な著書に『歩考力』(ナショナル出版)、『思考・発想にパソコンを使うな』(幻冬舎新書)などがある。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND