【さば缶】が疲れとイライラに効く!超簡単な絶品レシピ2選

2019/09/06

季節の変わり目で体も疲れ気味。そんなときは「さば缶」を使ったおかずはいかがでしょうか。「さば缶」には疲労回復に効果があるといわれている成分・イミダペプチドが含まれており、疲労の蓄積から起こるイライラも軽減してくれます。少しでも「疲れたな……」と思ったら、さば缶の出番です。

さば缶にはEPA・DHAも豊富!夏の気力ダウンも防げる

さば缶は疲労回復成分のイミダペプチドのほか、血液をサラサラにして酸素を全身にめぐらせるEPA・DHAが豊富。疲労が蓄積すると鈍くなる自律神経の働きを助けるため、暑くて無気力になりがちな人ほど心身ともに疲労が回復します。EPA・DHAも水に溶ける性質のため、さば缶の汁ごと使いましょう。

*イミダペプチドって?
私たちが疲労を感じる主な原因は、体内で過剰に発生する「活性酸素」。鶏胸肉に含まれるイミダペプチドという成分が、この活性酸素によって受ける体内のダメージを軽減してくれます。

頑固な夏疲れには×トマト「レンジ和風本格ラタトゥイユ」

さばのうまみとトマトの酸味、かくし味のみそのこくが好相性。

【材料(2人分)】
さば水煮缶…1缶(190g)
パプリカ(黄)…1/2個(75g 大きめの乱切り) 
ズッキーニ…1/2本(100g 幅5㎜の輪切り) 
A(トマト水煮缶1/2缶〈200g〉みそ小さじ2 砂糖小さじ1)
オリーブ油小さじ1 
塩、こしょう各適量

【作り方】
(1)材料をレンジ加熱する
耐熱ボウルにAを入れて混ぜ、さば(缶汁ごと)、パプリカ、ズッキーニを加えてざっくり混ぜる。ふんわりラップを掛けて電子レンジで5分加熱する。ラップをはずしてざっくり混ぜ、そのまま4分加熱する。

(2) 味をととのえる
オリーブ油を加え、塩、こしょうで味をととのえる。

夏の食欲ダウンには×カレールウ「さばのレンジキーマ」

さばのこくとスパイシーな香りでやみつきになる味!

【材料(2人分)】
さば水煮缶…1缶(190g)
A(玉ねぎの粗みじん切り1/2個分〈100g〉 水1/2 カップ カレールウ2かけ ケチャップ大さじ1)
半分に切ったゆで卵2個分 
ご飯茶碗2杯分

【作り方】
(1)材料をレンジ加熱する
耐熱ボウルにさばを缶汁ごと入れてよくほぐす。Aを加えて混ぜ、ふんわりラップを掛けて電子レンジで5分加熱し、ルウが溶けるまでよく混ぜる。器にご飯を盛り、カレーをかけてゆで卵をのせる。

※電子レンジの加熱時間は、600Wの場合の目安です。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体がちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

Have a try!

□なかなか疲れが取れないときは「さば缶」×トマト料理に挑戦
□食欲を出したいときは、スパイスの効いたカレーと組み合わせてみる

<監修>
梶本修身先生
医学博士。東京疲労・睡眠クリニック院長。疲労と睡眠の専門家としてテレビや雑誌などで活躍中。著書、監修書も多数。

参照:『サンキュ!』9月号「疲れない体とイライラしない心になる方法」より。掲載している情報は19年7月現在のものです。

調理/北嶋佳奈(管理栄養士) 撮影/市原慶子 構成・文/ RIKA 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND