包丁まな板いらず!【ちぎってポイ】の絶品おかず&買っておくべき食材BEST7

2019/09/24

どんなに疲れていても、家族のためにご飯を作らなければいけない。でも、材料を切るのも面倒なときってありますよね。そんなヘトヘトなときこそ、ちぎって、はさみで切って、フライパンに直接入れて使える食材を選ぶのがポイント!家族も満足の「ほったらかし蒸し」と「しょうゆ炒め」がラク~にできますよ。

<教えてくれた人>
小林まさみさん
料理研究家。「肉も野菜もたっぷりとれる炒めものはりっぱなおかず。好きな材料を使って毎日作ってくださいね」

ラクしたいときは、これを買っとけ「ベスト7」

これさえ買っておけばメインおかずも簡単に作れる、とっておきの7食材をご紹介。

1.そのまま使える「もやし」

コーン、ゆで大豆、プチトマト、しし唐、スナップえんどう、うずら卵の水煮も◎。

2.手でちぎれる「キャベツ」

かさもあって優秀。白菜、レタス、サニーレタスも同じ。ピーマンもOK。

3.手でちぎれる「厚揚げ」

肉がたりないときのかさ増し食材。豆腐、焼き豆腐も同様。

4.手で裂ける「まいたけ」

捨てる部分なし&うまみもアップ。エリンギも手で裂けば味がよくからむ。

5~7.はさみで切れる「豆苗・小松菜・にら」

フライパンの上で切って直接イン。セロリ、万能ねぎ、ねぎ、貝割れ菜なども◎。

それから、切らずに使える肉

豚こまぎれ肉、鶏もも肉(から揚げ用)ひき肉などは切る手間が省けて便利!炒めるときは、酒と片栗粉をまぶして使って。

具材をどれに換えても同じ作り方!

材料を重ね入れ、塩昆布、塩と酒をふり、ふたをしてほったらかし蒸し。チーズを溶かしてでき上がり!

鶏肉×キャベツ×豆苗のほったらかし蒸し

【分量(4人分)の目安】
ベスト7食材約600g、肉(豚こま切れ肉もしくは鶏もも肉)約300g の順にフライパンに重ね入れ、塩昆布15g(大2と1/2)、塩小1/2、酒大2をふってふたをして蒸す。ピザ用チーズ70gをのせて溶かす。

豚こま×厚揚げ×小松菜のしょうゆ炒め

材料を炒めて、しょうゆとみりんをふって、削り節を混ぜるだけ!

【分量(4人分)の目安】
ベスト7食材約600g、肉(豚こま切れ肉もしくは鶏もも肉)約300g に対し、しょうゆ大2、みりん大1、削り節約5g。

【作り方】
炒めて、味つけして、削り節を混ぜて完成。

※注意点※
●大さじ1(15ml)=大1、小さじ1(5ml)=小1と表記しています。

参照:『サンキュ!』10月号「平日の夕食は、最小限の手間で乗り切る!」より。掲載している情報は19年8月現在のものです。

調理/小林まさみ 撮影/木村拓(東京料理写真) 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND