火を一切使わずできる!夏の超絶品ランチ裏技テク3選

2020/08/06

トースターや炊飯器、電子レンジを駆使すれば、手間がかかりそうなランチも一瞬でできる!暑~い火にあぶられることなく、ノーストレスでいただきます♪毎日使いたい便利な裏技テクをご紹介します。

1 コーンスープの素があれば、グラタンのソースは3分でできる!

Menu:パングラタン

[材料](2人分)

食パン(6枚切り)……2枚
牛乳……300ml
粉末コーンスープの素……2食分
ピザ用チーズ……50g

[作り方]

耐熱ボウルに牛乳を入れて電子レンジで2分加熱し、コーンスープの素を加えて混ぜ、溶かす。耐熱皿に食べやすく切った食パンを並べ、スープをかけてピザ用チーズをふり、オーブントースターで7~8分加熱する。

2 パスタソースを使えばピラフの味つけは一瞬!

Menu:明太子ピラフ

[材料](3~4人分)

米……2合(360ml)
パスタソース(明太子味)……2食分
冷凍ミックスベジタブル……150g

[作り方]

炊飯器に、といだ米、パスタソース、2合の目盛りまで水を入れて混ぜ、凍ったままのミックスベジタブルを加えて炊く。

3 薄焼き卵は1分レンチンが大正解!

Menu:オムライス

[材料](1枚分)

卵……1個
牛乳……小さじ2
塩、こしょう……各少々

[作り方]

直径約18cmの平らな耐熱皿にラップを敷き詰める。材料を混ぜて流し入れ、ラップをふんわり掛けて電子レンジで1分加熱する。

<教えてくれた人>
島本美由紀さん
毎日の家事を楽しく、ラクにする情報を発信する、ラク家事アドバイザーの肩書を持つ料理研究家。驚きあふれる実用的なアイデアが大好評!

電子レンジについて
※電子レンジの加熱時間は、600Wの場合の目安です。※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体がちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。※ポリ袋をご使用の場合は、電子レンジに使用可能な物をお使いください。
オーブントースターについて
※オーブントースターの加熱時間は1000Wの場合の目安です。加熱時間はメーカーや機種によって多少異なります。レシピの加熱時間を参考に、様子をみて調節してください。
炊飯器について
※炊飯器の機種によっては調理に向かない場合があります。取扱説明書をご確認ください。※圧力式炊飯器での調理はできません。その他の機種については、取扱説明書をご確認いただくか、メーカーにお問い合わせください。

参照:『サンキュ!』2020年8月号「暑~い夏、台所に立つ時間1/2に減らします」より。掲載している情報は2020年6月現在のものです。監修/島本美由紀 撮影/小林キユウ 調理・取材・文/渡辺ゆき 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND