浴室で若いアジア女性

「湯船につかるだけ」で浴槽がキレイに!? 洗わないお風呂掃除のやり方

2021/03/22

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなど、暮らしにまつわることならなんでもおまかせ!

この記事では、「こまった」を抱える人と、それを解決するプロをつなぐオンラインサービス「くらしのマーケット」さんに、いますぐ役立つ暮らしのテクニックを紹介してもらいます。

週に1回ラクできる!

「お風呂掃除が面倒くさい…ちょっとでもラクになったらいいのに。」なんて思いませんか?

なんと!「週に1回ラクできる」お風呂掃除が存在するんです。入浴時に出た皮脂汚れを、洗剤なしで落とせちゃいます。

今回は、湯船につかって皮脂汚れを落とす「お風呂掃除」を紹介します!

洗わないお風呂掃除のやり方

ここからは、洗わないお風呂掃除のやり方を丁寧に紹介します。

【1】浴槽にお湯をはる (40度程度)

重曹が40度程度のお湯に溶けやすいので、これくらいの温度でお湯をはりましょう!

【2】重曹をお湯に入れ、溶かす割合(重曹:お湯=大さじ2:200L)

一般的なお風呂でだいたい200Lくらいです。ここで使用する重曹はどんなものでもOKです。

【重曹の種類】
重曹は、純度の高さによって3種類に分けられます。

・医療用:純度100%…点滴や胃薬などに含まれる
・食料用:純度98-99%…ベーキングパウダーに含まれる
・工業用:純度95-99%…百均の掃除道具として使われるもの

【3】入浴後、シャワーで浴槽を洗い流す

それでも汚れが心配…という方は、気になる箇所だけスポンジでこすりましょう!重曹風呂では、で排水管のぬめりも取れますよ。

なぜ重曹でお風呂掃除できるの?

アルカリ性の重曹が酸性の皮脂汚れを中和するから、化学反応が必要。(※中和=異なる性質のものをぶつけること)

まず、重曹はアルカリ性。そして、入浴後のお湯には人の皮脂汚れなどが含まれています。(=酸性の汚れ)

だから、酸性の汚れを落とせるアルカリ性の重曹のおかげで、入浴後の掃除がラクなんです!

ただし浴槽には、普段の皮脂汚れ以外に、水垢(アルカリ性の汚れ)などもあります。だから、重曹風呂でない日は洗剤でキレイにしましょう!

重曹風呂の注意点

1:重曹風呂は、週に1〜2回程度にとどめましょう
頻繁に重曹風呂に浸かると、肌が乾燥しすぎてしまう可能性があります。

2:湯船に浸かった後は、シャワーを使って体を流しましょう
皮膚に付着した重曹を付けたままにすると、肌が乾燥してしまいます。

上記を守って、お風呂掃除をラクしましょうね!

■教えてくれたのは・・・

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のインターネット商店街です。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND