あふれんばかりの肉汁に大感激!焼き&蒸しW小籠包

2021/07/11

『サンキュ!』2021年6月号の「ぐっち夫婦のうわさのあのグルメ」より焼き&蒸しW小籠包をご紹介します。

材料(4人分)

豚ひき肉…300g
餃子の皮(大判)…30枚
ねぎ(みじん切りにする)…1本

[A]粉ゼラチン…10g・顆粒鶏ガラスープの素…大さじ1・湯(80℃くらい)…1カップ・しょうゆ、酒…各大さじ1

[B]オイスターソース、しょうがのすりおろし、ごま油…各小さじ1・塩、こしょう…各少々

[C]ポン酢しょうゆ、しょうゆ…各大さじ1

レタス…3~4枚
黒酢(または、酢)、しょうがのせん切り、ごま油、万能ねぎの小口切り、白いりごま … 各適量

作り方

(1)密閉式保存袋に[A]を入れて溶かし、冷蔵室で半日ほど冷やし固める。

(2)別の密閉式保存袋に、ひき肉、ねぎ、[B]を入れてよく混ぜる。(1)を、袋の上からもみくずして加えて混ぜ、餃子の皮で包む。

密閉式保存袋で作ったゼリーをクラッシュして肉だねにIN!

(3)以下の手順で半分ずつ加熱する。

【焼き小籠包】
フライパンにごま油適量を中火で熱し、(2)の半量を並べて入れる。焼き色がついたら水100mlを加える。ふたをして中火で5分ほど蒸し焼きにし、ふたを取り、ごま油少々を回しかけ、2分ほど焼く。器に盛り、万能ねぎ、白いりごまをふって[C]を添える。

【蒸し小籠包】
フライパンにレタスを敷き、(2)の半量を入れる。湯を深さ2~3cm入れてふたをし、弱めの中火で7~8分蒸す。器に盛り、黒酢、しょうがを添える。

細か~いひだで本場っぽく

餃子の皮にあんを小さじ1くらいのせ、縁に水を塗る。細かくひだを寄せながら、てっぺんでまとめると本場っぽい!

<教えてくれた人>
ぐっち夫婦さん
料理家。「日々の暮らしを楽しく、おいしく。ちょっとおしゃれに」をモットーにする仲よし夫婦。オンライン料理教室やライブ配信も大好評!

参照:『サンキュ!』2021年6月号「ぐっち夫婦のうわさのあのグルメ」より。掲載している情報は2021年4月現在のものです。調理/ぐっち夫婦 撮影/木村拓(東京料理写真) 取材・文/渡辺ゆき 編集/サンキュ!編集部

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND