カレーづくりがラクになる!?業務スーパーの「ヨーロピアン野菜ミックス」は時短家事にピッタリな冷凍野菜

2021/11/13

業務スーパーのおすすめ商品を、アスリートフードマイスター2級の資格を持ち、家庭料理のお店で料理長として勤務する調理師のタナカ*タカコさんに教えてもらいました。

サンキュ!公式インスタグラマー、アスリートフードマイスター2級。家庭料理のお店で料理長として勤務の傍ら、SS...

>>>SSS-Style+ 調理師 タナカ*タカコの記事をもっと見る

ベルギー産のミニサイズな野菜が冷凍に!

今回は、ベルギー産の「ヨーロピアン野菜ミックス」を紹介します。容量500g、購入時点の価格は171円でした。

本商品は、じゃがいも、芽キャベツ、ミニ玉ねぎ、にんじんが入っている冷凍野菜。じゃがいもは、日本のスーパーで販売されているものよりも小さく、皮がむいてあります。

にんじんは大きいものを切ってあるのではなく、ミニサイズの人参をそのまま使用。玉ねぎはとくにミニサイズで、ラッキョウのようなサイズの玉ねぎです。

1袋を皿に出して、4種の野菜の割合を見てみました。玉ねぎと人参が個数的には多いですが、重量的にはさほど差がないかなという印象です。

ヨーロピアン野菜ミックスでカレーをつくってみた!

こちらのヨーロピアン野菜ミックスを使って、カレーをつくってみました。材料は、ヨーロピアン野菜ミックスと豚肉とカレールウのみ。

カレーと言えば、時間がないときや材料が限られているときの定番メニューという家も多いかと思います。でもいざつくろうと思うと、玉ねぎの皮をむいて、切って、いためて、じゃがいもの皮をむいて、切って、人参とじゃがいもがやわらかくなるまで煮込んでと、意外と工程と時間がかかるものです。

その点、冷凍で販売されているヨーロピアン野菜ミックスは、すでにじゃがいもと玉ねぎの皮がむかれているので、これを使ってカレーを作ると、包丁もまな板も利用せずにつくれます。

皮をむく必要がない、一口サイズにカットする必要がない、その工程をゼロにするだけで、調理時間はグンと短縮されます。

豚肉を炒めて、ヨーロピアン野菜ミックスと水を入れて煮込んで、野菜がやわらかくなったら、カレールウを溶かすのみ。30分ほどででき上がります。

しかも、包丁もまな板も使っていないので、洗いものも出ないし、生ごみも出ないので、さらに家事の時短になります。

じゃがいもは、荷崩れせずモッチリとした食感に、玉ねぎは、トロトロで香りがとってよいです。人参は味が濃くしっかりとした味わい、芽キャベツは汁の味を吸ってジュワーっとおいしく仕上がりました。

カレーやシチュー以外にも、トマト鍋のような洋風の鍋料理や、ウインナーやベーコンと一緒にポトフ風スープをつくるのもおいしそうです。



◆執筆/調理士 タナカ*タカコさん
サンキュ!公式インスタグラマー、アスリートフードマイスター2級。家庭料理のお店で料理長として勤務の傍ら、SSS-Style+フード部門担当としてお料理講座や調理代行サービスを行う。

※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND