幸せの美しい若いアジア女性の朝の目覚め、ベッドの上に座って、居心地の良いベッドルームでストレッチ、窓を通して見るの背面します。目を覚ますの後に面白い女性。彼女はストレッチは、笑みを浮かべてします。

汚部屋に住むシングルマザーから人気の整理収納アドバイザーに大転身!私を変えた3つの習慣

2021/05/10

小さなことでも、続けると暮らしが整って自分を変える力になる――習慣にはそんなパワーがあります!どん底から大逆転してその道のトップランナーになり、整理収納アドバイザーとして大活躍する中山真由美さんの習慣をご紹介します。

<教えてくれた人>
整理収納アドバイザー 中山真由美さん
整理収納のプロとの出会いをきっかけに片づけ下手を克服。個人宅や法人の整理収納サービス事業を立ち上げ、今では大人気!公式サイト「Ritta Stanza」

娘の学習机が置けないほどの汚部屋に住むシングルマザーでした

2人の子どもと住宅ローンを抱えて離婚し、派遣で働きだしたけれど、当時は家計も家もグチャグチャ。使うつもりで買ったのにサイズが合わない100均の収納グッズなど、あらゆる物を子ども部屋に押し込む始末で、娘の学習机も組み立てる場所がないほど。ある日仕事で整理収納アドバイザーの方に出会い「このままじゃダメ!」と気づいたんです。

でも、今はテレビ、雑誌で大人気!大企業の収納アドバイザーも担当

【そんな私を変えた習慣】

朝日光
show999/gettyimages

(1)朝起きたらまず窓を開ける
朝いちばんに部屋の空気を入れ替えてきれいな空気を吸い込みます。心もシャキッと整って新たな気持ちで1日をスタートできるから、朝の準備や家事もテキパキスムーズに進みます。

(2)面倒くさいことからやる
トイレットペーパーを買ったら面倒がらずに袋から出して収納するなど「後でラク」を選ぶようにしたら、部屋が片づくように!物がパッと取れるのが快感で、ダブり買いもなくなりました!

(3)最初に予算を決める
ざるだったお金づかいを改め、週予算を決めて100円の透明ケースで保管。「使えるお金はこれだけ」と意識するようになったらよけいな物を買わなくなり、知らないうちに貯まるように。

片づけると人生が変わる。私がその証拠です!

物を片づけて暮らしのベースである「家」が整うと心が満たされて物欲がなくなり、自然と貯まります。貯蓄ゼロだった私でも、お金の見通しが立ったら、利回りのいい金融商品など賢く殖やす方法まで考えられるようになりました!

参照:『サンキュ!』2021年5月号「小さな習慣で大きく貯まる」より。掲載している情報は2021年3月現在のものです。取材・文/神坐陽子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND