【生活防衛・通信編】スマホがつながらないときの「備え」してる?格安でできる方法あります!

2022/11/22

少し前に通信障害が話題になりました。あのとき、みんな実感したはず。スマホが使えないと何もできない! いつも使っている回線がつながらなくても、買い物、移動、家族との連絡をつつがなく続行する、簡単な方法をご紹介します。

つ、つながらない…でも、大丈夫!簡単しかも格安で備える方法があるんです!

1つのスマホに、メインで使う回線ともう1つ、回線を追加して設定することができるんです。

2社の回線を入れておけば、1社がつながらないときにも安心。さらに、2つの電話番号があれば、家族用と友だち用、あるいは家族・友だち用とその他用など使いわけることも可能です。

生活防衛にピッタリ!「eSIM」とは?

今話題の「eSIM(イーシム)」とは、SIMカード不要のSIM。ウェブサイトから契約することで、すぐに使えるようになるSIMです。iPhoneならXS/XR以降であればeSIMを使うことができます。

IIJmioのeSIMサービスには2つのプランがあって、1つは「データeSIM」(ドコモ網)。データ通信専用なので、タブレットやPCでの利用に便利。データ量をたくさん使いたい人の「もう1回線」にピッタリです。
もう1つは、「音声eSIM」(au網)。通話もネットもできるeSIMです。音声eSIMなら、電話番号を今使っている回線とは別に、もう1つ持てるので、いざというときにも安心なほか、電話番号の使い分けも可能。

そんな便利な「もう1回線」が、IIJmioの音声eSIM(au網)/2ギガプランなら月額850円(税込!)~。ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルを使っている人なら、「もう1回線」としてIIJmioの音声eSIM(au網)を持つことで、1社がつながらないときの備えになります。2つの電話番号が持てるので、これは本当に便利!
手続きは簡単。IIJmioのウェブサイト内の「お申し込みの流れ」に沿って手続き&設定していけばOK。「もう1回線」は通信障害時だけでなく、一方の回線のデータ量がたりなくなったときにも使えます。

安心感が違います!通信障害が起こってもデータを使い切っても大丈夫

IIJmioでサブ回線を持ったのは、サンキュ!アンバサダーのみさむーさん(@toushi.shufu_misamu)。きっかけは、旦那さまが通信障害の影響でスマホが使えなくなり、仕事がストップしてとっても不便そうにしている姿を目にしたこと。
「突然スマホが使えなくなることにとても不安を感じていました。でもサブ回線を持つには、手続きが面倒そうで…」と二の足を踏んでいたみさむーさん。そんなとき、IIJmioから音声eSIMサービスが手軽な価格で提供されると知り、さっそく申し込み!
「想像以上に簡単でした! 申し込みと本人確認をして待つこと数時間。それだけでサブ回線が利用できるようになったんです。家で簡単に契約から開通までできちゃいました」とその手続きの簡単さに驚いた様子。
「スマホの設定を終え、サブ回線デビューしてよかったのは、データを使いきってしまってもサブ回線に切り替えることができる安心感! 通信障害に備えられて、データ利用にも余裕を持つことができてとても快適な日々です」

今ならお得なキャンペーン実施中!

今なら音声eSIMの初期費用3,300円(税込)が550円(税込)に! さらに、音声eSIMと合わせてIIJmioのギガプランをもう1回線お申し込みの場合、1000円分のギフト券がもらえるプレゼントキャンペーンも実施中! この機会に通信費の見直し&いざというときの備えを進めませんか?

さらに、IIJmioを運営している株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が今年12月3日に創業30周年を迎えます。それを記念して、IIJmioで30周年記念キャンペーンを実施。スマホやPC周辺機器がお得に購入できるキャンペーン(実施中、2023年1月31日まで)や豪華プレゼントが抽選で当たるTwitterキャンペーン(2022年12月1日~20日)があるので、この機会にIIJmioWebサイトをチェック!

\抽選で30名様に図書カード500円分当たる!/
アンケートに回答された方の中から抽選で30名様に図書カード(図書カードネットギフト)500円分をプレゼントします。 

協力/株式会社インターネットイニシアティブ

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND