手は電卓と紙メモ帳手形木製テーブルの上の左手の山を黒ペンで指を置くコスト計算や請求書支払いコンセプト、

1カ月食費3万円台を実現するための買い物節約術とは?

2019/08/13

毎月、食費のやりくりに頭をかかえている人はいませんか?じつは、激安スーパーや割引シールを買うだけが食費の節約につながるわけではなさそうです。今回は食費3万円台の人が実践している節約術をご紹介します。

食品を購入するときのルールをつくる

出典:サンキュ!ブロガー中島愛さん

週に1回の食品の買い出しで7,000円~8,000円を目安に、月の食費の予算を3万円に設定している中島愛さん。食品を買うときには、野菜は冷蔵庫の野菜室に入る分だけ購入、肉や魚は週に使い切る分だけ購入することを意識しています。また、食材を腐らせずに大切にすることも食材購入ルールにいれているようです。

日々の負担を減らして食費も節約

出典:サンキュ!ブロガー海老原葉月さん

食費2万2,000円でやりくりしている海老原葉月さん。月を週5で割り振り、冷凍できる野菜は月初にまとめて買うようにしています。カットした玉ねぎや人参、パプリカなどを生のまま冷凍保存しておけば、かさましや料理の彩りに使えて便利なのだそう。すでにカットしてあるので調理も時短でき、日々の負担が軽減することで外食も減ったそうですよ。

食品の在庫をメモする

出典:サンキュ!ブロガーぐー子さん

ぐー子さんは、食費を2万5,000円に設定し、内食2万円、外食5,000円に振り分けています。具体的には、内食費として朝150円、昼100円、夜300円で1日およそ550円の予算を目安に献立を調整。残りの3,000円ほどは調味料や嗜好品費にあてているんだとか。食品の在庫をメモし、管理するようにもしているのだそうです。これでムダ買いもなくなりそうですね。

家庭菜園で食費とゴミ袋代の節約

出典:サンキュ!ブロガーばっきーさん

週6,000円の予算で月2万5,000円を食費としているばっきーさん。食費を削減するために、ピーマンやオクラ、ミニトマト、ゴーヤなどの家庭菜園に挑戦しています。野菜は「買わないで育てる」というのも1つの手ですね。また、生ゴミを堆肥に変えるコンポストも設置したことで、月のゴミ袋代を大きく削減することができたのだそう。

食費を3万円台におさえるやりくりテクについてご紹介しました。食費を少しでも節約できるのは、やっぱりうれしいこと。今回のアイデアを参考に、毎月の食費を見直し、節約術を実践してみてくださいね!

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND