目標は年間100万円貯蓄!やりくりマニアが実践する「ゆるい・気負わない・継続できる」やりくりテクニック

2020/05/06

将来のことを考えると少しでも残しておきたい貯蓄。しかし、高すぎる目標を立ててもなかなか継続できませんよね。今回は、楽しく年100万円貯めているというやりくりマニアの「ゆるい・気負わない・継続できる」やりくりテクニックをまとめました。

余裕を持った予算で行う「甘やかし家計簿」

出典:サンキュ!STYLEライターさださあやさん

さださあやさんがつけている家計簿は、1カ月を5週に分け、どの週も同じ予算でやりくりする「甘やかし家計簿」。そのため、日数の少ない週はあまりが出ることも。そのあまりを予算オーバーした週に回したり、お米などの大きな買い物をするときに使っているんだそう。「逃げ道」をつくることで、やりくりもしやすくなりそうですね。

日常予算があまっても心の中に留めておく

出典:サンキュ!STYLEライターさださあやさん

やりくりしている最中に、予算があまるとつい口にしてしまいたくなりますが、さださあやさんは自分の心の中だけに留めておくんだそう。あえて共有しないことで、「予算があまる=今週はまだ使える」という甘えてしまう気持ちや、お金を使うことへ意識が向くのを律するそうです。「なかったもの」として考えることで、ムダ使いも防げそうですね。

自由に使える予算をあえて銀行に預ける

出典:サンキュ!STYLEライターさださあやさん

お金は「手元にある」とつい使ってしまうもの。さださあやさんは、自由に使える予算を銀行に預けることで、「すぐに使えない」状況をつくっているんだそう。使うときに使う金額だけ下ろすことで、感情的に使ってしまうのを防げるんだとか。強制的に「ない」状態が日常的になれば、普段の収支もより真剣に考えられそうですね。

明確な目標を立て、ときには自分をほめてあげる

出典:サンキュ!STYLEライターさださあやさん

節約疲れを感じてしまうと、湧き起こりがちな「他人への妬み」。さださあやさんも我慢することに疲れ、モチベーションが保てなくなったことがあるんだとか。負の感情から脱出できたのは、「明確な目標を立てる」「自分をほめてあげる」ことの大切さに気づいたからなんだそう。人は人、自分は自分だと考え、自分を労わってあげるのも大切ですね。

やりくりは継続することが重要。いきなり厳しく律するのではなく、コツコツ積み重ねていくことで、日常化していきます。明確な目標を立て、今の自分に何が必要かを考えるのも良いでしょう。記事を参考に、まずはできることからはじめてみませんか?

(参照: サンキュ!STYLE
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND