居間で通帳をチェックする女性

元浪費家さんが貯蓄のために実践している節約術4選!年100万円貯められるようになったテクニックをご紹介

2021/05/05

貯蓄したいのに、なぜか逆にお金が出ていってしまうと悩んでいる人は多いですよね。そこで今回は、元浪費家だったけれど年100万円貯めることに成功した貯蓄上手さんが実践する、節約テクニックをご紹介します。

家計簿をつけてお金の流れを把握する

日本の家計を維持します。
takasuu/gettyimages

浪費家時代は家計の収支をまったく把握していなかったというちぇそさん。そこで、家計簿を導入してその日使った金額を項目ごとに記入し、お金の流れを把握できるようにしたそうです。

1週間、1カ月、半年、1年ごとに収支を振りかえることで、家計のなかの節約すべきポイントが見え貯金できるようになったといいます。

1週間分のメニューを考えてから買いものに行く

ショッピング街
Circle Creative Studio/gettyimages

ちぇそさんは1週間分の献立を決めて、買いものリストを作成してから買いものに出かけているといいます。メニューに必要で家にはない食材をリスト化しているので、食材をしっかり使い切れてムダ買いも減らせるそうです。買いものの回数も減るので、食費だけでなく時間やガソリン代の節約もできるのだとか。

ムダ遣いにつながるカードやアプリは持たない

ベーカリー製品の店でクレジット カードで支払い
RossHelen/gettyimages

ちぇそさんはムダ遣いを減らすため、余計な買いものにつながってしまうポイントカードやショッピング系アプリを捨てたといいます。ポイントをもらいたい場合はカードの代わりにアプリを使い、何か買いたいときはwebかアプリを一時的にダウンロードすればいいので、なくてもとくにこまらないのだそうです。

節約するところとお金を使うところのメリハリをつける

lolostock/gettyimages

ちぇそさんは「ごほうびは回数を決めて行う」「自分や家族がしたいことにはお金をかける」などのように、ルールを決めてお金を使っているそうです。何もかも我慢するのではなく、お金を使うところと使わないところのメリハリをつけることで、楽しく節約と貯金を続けられるといいます。

お金の流れを把握し、どこを節約してどこにお金をかけるのかを明確にすれば、自然と節約や貯蓄につながるようですね。なかなかお金が貯まらないと悩んでいる人は、今回ご紹介した内容を参考に、日々の節約方法や出費を見直してみてはいかがですか?

(参照: サンキュ!STYLE
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ポイントの獲得には条件があります。詳細は各社のホームページなどをご確認ください。
※ご紹介しているアプリの情報は個人的見解です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND