年100万円貯まる人のヒミツの「お金ノート」大調査!

2019/03/17

年100万円貯まる人の多くは、お金の貯め方や使い方に関する「お金ノート」を書いています。貯め達人たちが、実際に書いているノートをタイプ別にご紹介します。”何を書けばいいのか”、”本当に書くだけで貯まるのか”が、これを読めばわかります!

【タイプ1】貯め計画ノート

「家計の黄金比」(下図)を参考に、無理のない理想の家計を書き出します。さらに目的別に必要なお金を書き、貯める目標金額を明確に。そうすることで前もって備えられるようになり、貯蓄が乱れなくなります。

【家計の黄金比とは?】
手取り月収に対する、各費目の理想的な支出の比率のこと。予算の立て方を見直すことで、貯蓄額をムリなく殖やすことが可能に!※黄金比は、小学生と未就学児の4人家族を想定して算出。保育園・幼稚園代や車費などがある場合、その他費、交際費、娯楽費などで調整を。

「住居費の繰り上げ返済や車の購入など、目的別に『その年の貯蓄目標額』を記入。具体的な数字を書くことで、月収とボーナスからどう貯めるか計画が立てやすくなります。また、貯める目的を意識できて、やる気もUPします♪」

<教えてくれた人>
めーちゃんさん(『サンキュ!』読者/愛知県32歳)
夫、長男(5歳)、二男(1歳)の4人家族。ノート歴は5年。「18年ついにマイホームを購入し、現在は住宅ローン返済に、まい進中!」

◎MONEY DATA◎
月収(手取り) 32万円
ボーナス(年間・手取り) 130万円
年収(手取り) 514万円
月貯蓄額 7万円
年貯蓄額 135万円
総貯蓄額 400万円

□ ノートは何を使ってる?
⇒A4用紙。家計や貯蓄目標が変わったら新しく書き換えます
□ いつ書いているの?
⇒週末に家計簿をつけるタイミングでときどき更新
□ 収納場所は?
⇒家計簿と一緒に、領収書が入っているクリアーファイルに収納

【タイプ2】申し送りノート

「セール情報などのお得情報をリスト化してノートに書いています。書いておけば頭で覚えておく必要がないのでラクだし、ノートを見ながら有効なお金の使い方を考えられるように。必要な物を低コストで手に入れたり、ムダ買いを防げたりと、出費を大きく減らせます」。

【セール情報を書く】
楽天、アマゾン、無印良品など、よく買うお店のセール情報や送料無料期間をメモ。「何月にどこが安くなるか」をすぐ確認できるから必要な物を底値でゲットできます。貯蓄に回せるお金がぐんとUP!

【手持ち服リストを書く】
買った服を簡単にイラスト化。似たような服をダブり買いしなくなり、ムダな出費をカットできます。価格や購入先、感想も買いておくと、メルカリなどで売るときも、細かく情報を記入でき、高く、早く売れるようになります。

【ふるさと納税リストを書く】
大容量のお米がもらえる自治体をメモ。年の後半は品切れになるので、毎年1月~2月頭に申し込みます。まとめて寄付しても、分割配送や新米予約を活用すれば、届け日をずらすこともできます。

<教えてくれた人>
Kさん(『サンキュ!』読者/大阪府38歳)
夫、長女(14歳)、長男(12歳)の4人家族。ノート歴は4年。「書くことで頭の中を整理できたおかげで、毎年貯蓄額を伸ばせました!」

◎MONEY DATA◎
月収(手取り) 37万円
ボーナス(年間・手取り) 110万円
年収(手取り) 554万円
月貯蓄額 10万円
年貯蓄額 130万円
総貯蓄額 1200万円

□ ノートは何を使ってる?
⇒手帳。
□ いつ書いているの?
⇒電車での移動中や家事のすき間時間など、思いついたらすぐ。
□ 収納場所は?
⇒ ダイニングテーブルの定位置に。

【タイプ3】夢ノート

夢をリスト化することで、メリハリのあるお金の使い方ができるようになり貯蓄額もUP。次はこの夢もかなえよう!とやりくりが楽しくなり、貯蓄額が自然と増えていきますよ。

【欲しい物を書く】
欲しい物は、いちどに全部は手に入らないので、優先順位をつけるのがコツ。かなったらつける花マルの数が増えるたびに、「次もできる」と励みになり、1つずつ確実にかなえていけます。

【やりたいことを書く!】
旅行は、行きたい日程や何をするかも一緒に書いてイメージを具体化。コストまで見える化すると、実現度が上がります。旅行なら「行く」、欲しい物なら「買う」と、言い切る語尾で書いているので、眺めるだけで、必ずかなう!という気持ちになりますよ。子どもたちにも宣言することで、ふだんのレジャーは安くても協力的に♪

<教えてくれた人>
フッカーさん(『サンキュ!』読者/福岡県41歳)
夫、長男(12歳)、二男(9歳)、長女(6歳)、二女(3歳)の6人家族。ノート歴は5年。「書くことでお金づかいと人生が変わりました」

◎MONEY DATA◎
月収(手取り) 30万~36万円
ボーナス(年間・手取り) 0円
年収(手取り) 約420万円
月貯蓄額 7万~13万円
年貯蓄額 138万円
総貯蓄額 550万円

□ ノートは何を使ってる?
⇒いいなと思った切り抜きをたくさんスクラップできるリングノート
□ いつ書いているの?
⇒朝5時ごろ。1人早起きをしてコーヒーとチョコを楽しみながら
□ 収納場所は?
⇒リビングのテーブル横の棚に、自分専用の引き出しをつくって収納

年100万円、ひいては貯蓄総額1000万への道は、まず「お金ノート」を書くことから始まります。今回紹介した3タイプのノートの中から、できそうなものを選んで挑戦してみてはいかがでしょうか。

参照:『サンキュ!』3月号「年100万円貯まる人の”お金ノート”のヒミツを見てきた!」より。掲載している情報は19年1月現在のものです。構成/ RIKA 取材・文/大上ミカ 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND