10円玉

増税で損しないために!絶対知っておきたい軽減税率のこと

2019/10/22

10月から消費税が10%になりました。しかし、すべての商品やサービスが10%になったわけではありません。「軽減税率」が導入され、飲食料品は8%のまま。ただし、細かい設定があり、一部10%になるものも……。何が8%で、何が10%なのか。増税で損をしないためにも、その注意点をお教えします。

<監修>
丸山晴美さん
節約アドバイザー。ファイナンシャル・プランナーの資格も持ち、消費者目線でのアドバイスが人気。『「貯まる女」になれる本』(宝島社)など、著書多数。

*軽減税率とは……
特定の物(主に飲食料品、新聞)を買う場合のみ税率を低くすること。しかし、外食やお酒などは対象外となるなど、細かい設定があるので、よく見極めてお金を使わないと、余計な支出がさらに増えることに!

これは8%?10%?

軽減税率対象(8%)

□飲食料品(食品表示法に規定する食品)=人の飲料または食用に供される物
 ※以下に紹介する標準税率対象(10%)以外の飲食料品

□テイクアウト・宅配

標準税率対象(10%)

□ケータリング・出張料理など
指定した場所に飲食料品を運んでもらったり、その場所に料理人に来てもらい、調理してもらう場合も軽減税率の対象外。

□外食
レストランなどの飲食店だけでなく、フードコートや店内にあるイートインスペースで飲食する場合も、軽減税率の対象外です。
※映画館の座席で飲食する場合は、軽減税率の対象になります。

□お酒
アルコール度数が1%以上の酒類

□医薬品・医薬部外品

注意が必要なもの

□一体資産
「一体資産」とは、「紅茶とティーカップのセット」のように、食品と食品以外の物がセットで販売されている物。「一体資産」のうち、税抜き価格が1万円以下で、食品が全体の2/3以上占めていれば、消費税は8%のまま。玩具やシールがついた「おまけつきお菓子」も対象となるので注意が必要です。

□アルコール度数1%以上のみりん
「本みりん」はお酒に分類されるので、軽減税率対象外。「料理酒」や「みりん風調味料」は、アルコール度数1%以上でも塩が含まれていて飲用にならないものは、軽減税率の対象に。

□医薬品・医薬部外品の栄養ドリンクや健康食品
栄養ドリンクでも医薬品に属している物は、消費税10%に。栄養機能食品、特定保健用食品(トクホ)などの健康食品は、医薬品に属さないため、軽減税率の対象に。

□ATMの手数料、送料
手数料や送料も消費税10%に上がります。そのため、送料がかかる通販の利用や時間外のATMを利用する際には、ムダな出費が増えすぎないように、気をくばることが必要です。

Have a try!

□軽減税率対象かどうか注意する
□余計な支出を増やさないように見極めて買い物をする

参照:『サンキュ!』11月号「ざんねんな家計のなおしかた」より。掲載している情報は19年9月現在のものです。

構成・文/宮原元美 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND