女性の手とメモ帳

ちまちま節約するより、この3つを書いたら貯まった!

2019/12/28

きっとお金が貯まる人には何か共通点があるはず…。ということで取材をしてみたところ、1000万円貯めた達人、通称”やりくら~”たちは「やりたいことを書き出していた」ことが判明!その中身を深掘りしてみたら、貯まる秘訣が見えてきました。

<教えてくれた人>
Tさん(宮城県 33歳)
夫(32歳)、長男(7歳)、長女(3歳)の4人家族。19年3月に正社員の仕事を辞め、現在は求職中。結婚後、約7年で1000万円貯蓄を達成!

◎Money Data◎
世帯月収(手取り)22万円
世帯年収(手取り)360万円
月貯蓄額 2 万円
年貯蓄額 100万円
総貯蓄額 1100万円

「やりたいこと」を書き出したら、貯め体質に!

結婚当初は、ケチケチ節約のしすぎであわや離婚の危機に。「このままじゃいけないと思い、ストレスのないやりくり方法を模索。その行程で、やりたいことをすべて書いてみたら、目標が明確になり、やりくりにも前向きに取り組めるように。1つずつかなうごとにやる気も高まり、気がつけば〝まさか〞と思っていた1000万円を達成できました!」(Tさん)

この3つを書いたら貯まった!

小さいことからやりくりの目標まで、何でも書き出すことで、頭の中が整理され、モチベーションが高まります!

1:やりたいことリスト

旅行したい→旅先情報・予算など、投資したい→投資本のリスト・商品情報など、やりたいこととそのために調べた情報を具体的に記入。「夫にそのまま見せて、説得しやすくなりました」

2:欲しい物リスト

服なら、服の形や下調べした店ごとの値段をメモ。家具なら、サイズやどう収納したいかまで具体的に記入。「衝動買いしなくなり、買ってからの後悔もありません」

3:夢ノート

年始にその年かなえたい夢を記入。小さなことでも書き出すと、そのために準備しようと心構えが。「『サンキュ!』に出る!という夢がすぐかなってうれしい♪ 実現したものから消します」

やりくりはコレでチェック!

日々の支出メモ

支払先と金額を全てメモ。「使いすぎた部分がひと目でわかるので、『次はここを削ろう』と反省できます。週の支出合計を確認することで、予算も守れるようになりました」

年間の支出予定表

イベント費などの特別出費がかかる予定を年間で見通して記入。「必ずかかる支出がわかると焦ることがなく、気持ちもラクに。貯蓄を取りくずすこともなくなりました」

参照:『サンキュ!』1月号「1000万円貯めた人の書いてるもの全部見せ!」より。掲載している情報は19年11月現在のものです。構成・文/宮原元美 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND