貯めている人が100%ならないものとは!?数字でわかる貯まる人の生態

2020/02/19

『サンキュ!』のマネーデスク&ライターが過去3年間で取材した、貯めてる人63件の実例と100件以上の家計データを徹底検証。その結果、「貯めてる人」の生態が明らかに。そこに意外な共通点が見えてきました!

クローゼットはボーダー2割。無地8割

服の8割は無地で、残りの2割がボーダー。服選びの軸がブレず、着回しのきくシンプルな服しか買いません。「貯めてる人は花柄の服は着ません」との証言も。

インフルエンザに本人は100%かからない

医療費がかさむと家計を圧迫するので、貯めてる人は睡眠をしっかり取り、健康管理に気をつけています。「インフルエンザが流行する季節でも、体調不良の読者さんに会ったことは一度もありません」とOデスク。

カーテンやソファは無地に統一している73%

リビングのファブリックはベージュなどの無地。派手な色柄物は使いません。シンプルなインテリアだから居心地が◎。その結果、「外出の頻度が減り、ムダ遣いも減るのでは」とSデスク。

7日に1回は麺や丼を食べている

食事作りは無理をしません。週に一度は野菜たっぷりの麺や丼ぶりものでよしと割り切ります。残り野菜一掃にもなり◎

63件中10件はチョコレートを食べていた

高級チョコを食べて、やりくりエネルギーをチャージ。「証拠写真は10枚しかないけど、これは氷山の一角かも」とSデスク。

大根、キャベツは1/2個買う

貯めてる人は多少割高でも、大物野菜はまるごと買わず食べ切れる分しか買いません。食品ロスはズバリ0%です。

貯めてる人の財布67%がブランド物

貯めてる人は財布を大切にします。財布選びにもこだわりブランド物を選択。なぜかヴィトンの財布を使っている人多数。

ルンバが走れるくらいきれいな床がある100%

貯めてる人の家は物が少なく、床に直置きしている物がありません。障害物がないのでルンバがスイスイ走ります。「貯めてる人はムダな物を買わないから家が片づいています」とMライター。

参照:『サンキュ!』2月号とじ込み付録「みんなの貯まる黄金比率BOOK」より。掲載している情報は19年12月現在のものです。撮影/天野良子(TRON)、キムアルム、木村文平、林ひろし 取材・文/村越克子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND