朝のうちに夕食準備!先取りルーティン12個でめちゃくちゃ貯まる家計に!

2020/10/25

先取りルーティンにしてやることを暮らしに組み込めば、自然と家事もスムーズ&節約になるんです!ストレスなしで1000万円貯めた家計の秘訣とは!?朝から晩まで1日のルーティン、すべてお見せします。

<教えてくれた人>
Saoriさん〈仮名〉(千葉県 33歳)
夫(38歳)、長女(6歳)、二女(3歳)の4人家族。パート勤務。住まいは築4年の一戸建て。19年度1000万円コンテストで銀賞受賞。

◎MONEY DATA◎
夫月収(手取り) 30万円
妻月収(手取り) 8万円
夫ボーナス(年間・手取り) 60万円
世帯年収(手取り) 516万円
月貯蓄額 約9万円
年貯蓄額 約169万円
総貯蓄額 1000万円
住居費 月4万円
食費・日用品費 月4万円
(嗜好品、外食費除く)

毎日やることを固定したら、お金に向き合う余裕が!

「4年前にパートを始めた当初は、時間に追われてじっくり家計を振り返ったり、家事を回す余裕がなくなっていました」というSaoriさん。そこで、「毎日やること」を決め、先取りでやってしまうことを意識。あとの自分にゆとりをつくるルーティンを整えました。

「家事は朝集中して行い、夜のゆとりを確保。夜は翌日を気持ちよく迎えるための準備を習慣にしています。やることが決まっているから、いちいち考える手間がなく、ストレスもたまりません。家計にも落ち着いて向き合えるようになり、自然とムダ買いもなくなりました」。

貯蓄ペースも加速し、住宅ローン完済ももうすぐです。

元気な朝のうちに家事を先取り!

やる気のある朝のうちに家事の大半を片づけておけば、その後の予定もスムーズに進められます。やることに追われて、ストレスでムダ買いなんてなし!

夜は最小限家事で、パワーチャージ!

夜はほぼ家事はせず、ゆっくり過ごして翌日の準備を。その日の疲れをきちんと取ることでいいリズムをキープでき、家計に向き合う余裕も生まれます。

1 朝のうちに夕食準備を→「疲れた~」のムダ買いを予防

朝食準備のついでに、夕食のおかずを9割仕上げておきます。「帰宅後10分で夕食を出せるから自炊をキープ。作り置きよりはラクだし、外食や総菜に頼ることがなくなりました」。

2 その日使った額をメモ→予算残高を意識できる

夜寝る前に、家計簿を記入。「集金など領収書がない支出もその日中に書いてしまえば、使途不明金なし。カード払い中心でも、現金同様に管理でき、使いすぎに気をつけられます」。

3 娘たちが起きる前にブログチェック→やる気が高まる!

子どもを起こす30分前にほっとひと息。「好きなライフスタイルのブログを見ることで、"私も!"とやる気に。前向きな気持ちで1日をスタートできます」。

4 その日やることを流れ順にメモ→時間とお金のムダをカット

その日にやることや買い物は、移動の順番を考えてスマホにメモ。「同じ方面の用事をまとめておけば、二度手間がなく、ガソリン代も節約。予定どおりやり切ると達成感が味わえます」。

5 電気代が安い7時までに洗濯、掃除を→節電&家事効率アップ!

23時から翌朝7時まで電気代が安いプランに契約。「朝イチで洗濯機を2回回し、掃除機がけなど電気を使う家事はなるべくこの時間に。家事が手際よく片づけられ、電気代も年間で大きな差に」。

6 出かける前に床、テーブル上をリセット→帰宅後のストレスゼロに

ごちゃついたままの家に帰ると疲労も倍増。「床とテーブルさえ片づいていれば気持ちがいい♪夕食もすぐ食べられて、家計に向き合う時間がゆっくり取れます」。

7 朝のうちに浴槽をから拭きする→洗剤代の節約に

夜の入浴後、浴室乾燥をつけておき、朝は浴槽と壁をタオルでさっとから拭き。「毎日拭いておけば、汚れがつきにくく、週末に床をブラシでこするだけでキレイを保てます」。

8 帰宅後、バッグは定位置に掛ける→財布もすぐ出せて、お金の管理がラク

毎日使うバッグ置き場は、玄関からの動線上にある階段下に。「家計簿をつけるときも、すぐにテーブルまで持ち運びでき、家計管理がスムーズにできます」。

9 テレビを見ながらフットケアを→マッサージ代いらず

立ち仕事で足がむくみやすいため、グッズを使ってセルフケア。「足が重いと、朝の家事を行うのもおっくうに。マッサージに行くより安いし、体調管理に欠かせません」。

10 夜のメイン家事は、食洗機に入れるだけ!→家計管理の時間が取れる

夕食作りも時短で、洗い物は食洗機任せ。家事がほぼないので、時間にも心にもゆとりが。「家計簿記入だけでなく、お金の使い方もゆっくり振り返れます」。

11 夜はスマホを封印!心のデトックスを→ストレス買いを予防できる

夕食後子どもたちとボードゲームをしたり、寝る前に本を読んで過ごし、デジタルデトックスを。「スマホから離れることで心の疲れが取れ、ストレス買いもしなくなりました」。

12 寝室に向かうついでに靴を整える→翌朝気持ちよくスタート

「2階の寝室へ上がる前に、明日はく靴をそろえています。小さなことですが、朝さっと出かけられると気持ちがいい!イライラせずにすみ、家計に向き合う余裕が生まれます」。

参照:『サンキュ!』2020年11月号「1000万円ためてる人のルーティン教えます!」より。掲載している情報は2020年9月現在のものです。撮影/大森忠明 構成/宮原元美 取材・文/大上ミカ 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND