ボブが“疲れたオバさん”ならないために…40代に似合うボブはこれ!

2019/12/01

せっかく流行のボブにしたのに、アホ毛や薄毛、ボリューム不足などのせいで老け顔に見えてしまう…そんな悩みを上手に回避するテクニックをヘアメイクアップアーティスト・榊美奈子さんが教えてくれました!40代に似合うボブとは?

冠婚葬祭・なんでもOK!ボブはとにかく便利な髪型!

ボブの良いところは、カジュアルから冠婚葬祭まで、どのような場面でもいけること。着物にも似合いますよね。忙しい人には便利な髪型です。直線ラインのボブは強く見える傾向があるけど、少し丸みのあるボブベースの髪型は優しい印象にもなりますよ。

40代に「肩くらい」のあいまいボブはNO!「短めボブ」で清潔感を!

40代には、少し短めのボブがオススメ。短い方が清潔感やイマドキ感が出ますよ。とくに薄毛を気にしている方は、長くしてしまうと重力でペタンコになって薄毛が目立ってしまうんです…(涙)。
エアリー感のあるレイヤーの入ったボブベースの髪型は、トップのボリュームも作りやすいのでトライしやすいですよ!

「7:3のはっきり分け目」は老け見えの要因に!

ちゃんとしようと思ってピチッとはっきり分けてしまうと、分け目の線が露わになって、伸びてきた白髪も丸見えに。年齢よりも老けて見えます。分け目はギザギザにして、ふんわりさせることで、チラ見えする白髪を隠してしまいましょう!また40代は7:3に分けてしまいがちな世代だけど、8:2でギザギザに分けた方が断然オシャレ!

薄毛が見える…乾かすときにコームで分け目を入れてはダメ!

ドライヤーで髪を乾かすとき、最初からコームで分け目を入れてしまうのはNG。むしろ分け目に逆らって、根元を立ち上げながら色々な角度から乾かしてみましょう。乾かすときに、洗い流さないトリートメントをつける方は、ペタンコになってしまうので根元にはつけないようにしてくださいね。

髪の毛が短い分、ツヤが大事!

ボブはロングより短いから軽さが出る反面、ショートよりは髪の毛が長い分、一本一本のパサつきが目立ちがち。パサツキは”老け”印象なので、ツヤを出すことを心がけて!全体がある程度乾いてきたら、ドライヤーで髪を引っ張りながら乾かすと、髪の毛の表面にツヤが生まれますよ。

フロント&トップ部分はしっかり90度!朝の一手間でツヤ&エアリー感を出す!

分け目の上にかぶさるようにして、フロントやトップ部分の髪の毛を太めのマジックカーラーで巻いてみましょう。ポイントは、根元の角度が90度以上になるように、しっかりと上げることです。5~10分ほど放置しておけば、ツヤや程よいボリューム感も出て、エアリーなボブに仕上がりますよ!

分け目やツヤ感など、ちょっとしたポイントを気にかけるだけで、いつものボブがあか抜けそうですね。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。

取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND