年齢が現れる後ろ姿を若返らせる!超簡単【筋肉ほぐし】

2020/06/25

何気なく窓や鏡に映った自分の貫禄ある後ろ姿に、ギョッとしたことはありませんか?年齢が現れるのは、実は後ろ姿。でも、お尻と背中の筋肉をほぐすだけで、そんなヤバイ後ろ姿もスッキリするんです!

<教えてくれた人>
村木宏衣さん
アンチエイジングデザイナー。エステサロンや整体院などでの施術経験から、小顔、ボディメイキングなどをケアする独自美容メソッドを確立。

『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(¥1,400/日経BP)

筋肉をほぐすとたるんだ体が引き締まる!

「筋肉は20代をピークに減少し、さらに体の使い方のクセでこり固まります。それがゆがみやたるみを引き起こし、"老け見え"の原因に。筋肉をほぐして柔軟性を取り戻せば血流やリンパが流れがよくなり、老廃物の排出や脂肪燃焼もスムーズに。お風呂上がりの温まった体なら、ほぐしやすいです」。(村木さん)

年がバレるのは顔でなく後ろ姿!

・肩甲骨が埋もれる
・丸く厚い背中
・ピーマン尻

筋肉に垂直に圧をかけてほぐすと血液・リンパの流れがよくなる。

ピーマン尻を桃尻にするほぐし

1 お尻の引き締めたい所を深くつまんでフリフリ揺らしてほぐす

【10往復×計6カ所】
お尻をつまみ、右・右・左・左と10往復揺らす。手の位置を変えながら、左右3カ所、反対側も同様に行う。

親指と4本の指で深めにつまむ。

2 お尻をつまんだまま、ひざを引き寄せて後ろにキック

【左右各5回】
片手で壁で体を支えながらお尻の下側をつまむ。ひざを体に寄せ、後ろにかかとを突き出し蹴る。

丸くて厚い背中を引き締めるほぐし【20回】

1 お尻を引き締めて立ち、タオルを持って腕を伸ばす

足を腰幅に開き、お尻の穴を締める。親指を前にしてタオルの両端を持ち、腕を伸ばして頭の上に上げる。

顎を引き目線とデコルテは斜め45度上に向ける。

2 タオルをぴんと張ったまま、背中のほうへ引き下げる

息を吐きながら両手を背中側に引き下げる。肩の位置まできたら、息を吸いながら両手を上げる。

埋もれた肩甲骨を復活させるほぐし【20回】

1 ひじを伸ばし、後ろに手を回してタオルをつかむ

足を軽く開き、背中側で親指が内側になるようタオルの両端を持つ。ひじを伸ばし、わきを締める。

二の腕を外側に開くようクルッと返す。

2 二の腕を外側に開いて、肩甲骨を中央に寄せる

腕を伸ばしわきを締めたまま、おなかに軽く力を入れる。二の腕を外側に開いて肩甲骨を引き寄せる。

私もやせました!

『サンキュ!』読者 しほさん(三重県 37歳)
「お尻ほぐしは後ろにキックするときに引き上がる感じがしてがんばれました!1週間で、四角いお尻がキュっと上向きに」。

<ヒップ87.5cm>

<ヒップ84.5cm>-3cm!

参照:『サンキュ!』2020年7月号「おうちにいる間に、脱・中年体形」より。掲載している情報は2020年5月現在のものです。モデル/MIKA 写真提供/『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP) 取材・文/金子由佳 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND