ズボラな主婦でも無理なくできる掃除の習慣化!キレイが続く3つのコツ

2021/07/26

ズボラな整理収納アドバイザー、サンキュ!STYLEライターのたけうちゆうこです。

きれいな家をキープするのに必要なことはズバリ習慣化することです。わたしにとって掃除は苦手な家事の一つ。昔も今もそれは変わりません。そんなズボラなわたしでも掃除を習慣化し家をきれいにキープできるようになりました。
今回はズボラなかたでもキレイが続けられる3つのコツについてご紹介します。

キレイが続くコツ1 直置きするものを極力減らす

床やカウンターの上に置きっぱなしのものがあると掃除がしにくいのは言うまでもありません。
子どものランドセルやおもちゃ、上着やカバン、たたむのを後回しにしている洗濯物、脱ぎっぱなしの靴下やテレビのリモコンが床に落ちていませんか?
あとでチェックしようと思っていた郵便物、ちょっとしたときに必要な文房具やスキンケアグッズなど、カウンターに置きっぱなしになってはいませんか?

床に何か置かれていると、掃除をするときにまず置いてあるものを片づけるところから始めなければなりません。直置きのものがなければ汚れに気づいたときにサッとお掃除ができます。
カウンターの上もものがなければスッキリ見えるうえに掃除もしやすいです。
床やカウンターの上にものがあふれてしまっている場合は不要なものは処分し、必要なものの定位置を決めることをおすすめします。

キレイが続くコツ2 掃除道具を手に取りやすい場所に置く

掃除機やフローリングワイパーなど、どこに置いてありますか?サッとお掃除する習慣をつけるにはお掃除道具の取り出しやすさがポイントです。

掃除道具が押入れの奥や納戸の中など取り出しにくい場所にあると、それだけでお掃除が面倒になってしまいます。一方、お掃除道具を見える場所に吊るしておくと汚れやホコリに気づいたときにサッとお掃除ができるのでとっても便利です。わが家ではキッチン横の脱衣所にコードレスクリーナーを置いているのですぐに気軽に使えます。
掃除機やフローリングワイパーを取り出しにくい場所に置いているかたは、置き場所を工夫してみると掃除の頻度が上がるかもしれません。

キレイが続くコツ3 完璧を目指さないこと

掃除は完璧である必要はまったくありません。なぜなら、少しずつやることで汚れが溜まりにくくなるからです。「ちょこっと掃除」を習慣にし、ときどき「しっかり掃除」をする。そのサイクルでズボラなわたしでもキレイをキープできるようになりました。

時間がないときは数秒~数分でできる掃除をサッとするだけで大丈夫。洗面所まわりは水滴を拭いておく、キッチンまわりはステンレスの水栓だけは磨く、リビングは出したものを定位置に戻しスッキリとした状態にする、など自分のできる範囲でやっています。

掃除の工程をこまかく分けてその一部でもやれればオッケー。時間のない平日は少しでもやれることをやり、時間のある週末にはたりない部分をカバーします。

まずはやってみて!

ズボラな主婦が掃除を習慣化するための3つのコツ、どれも簡単ですぐにマネできることばかりです。そのなかでもとくに重要なのは完璧を目指さないこと。中途半端でもいいから少しでも行動することが大切です。1ヵ所からで大丈夫、ぜひ気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

◆この記事を書いたのは…たけうちゆうこ
整理収納アドバイザーで小5娘と小1息子の母。
ズボラでめんどくさがりでも、大好きなおうちで大好きな家族と快適にここちよく暮らせる方法を模索中。

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND