ハウスメイドはテーブルをきれいにします。洗剤を背景にしたモップと青いバケツ

家事のプロが指摘!大掃除で「やってはいけない」4つのこと

2021/12/24

1年の締めくくりとも言える大掃除。家族総出でやるという人も多いのでは?でも、やみくもにやればいいってわけではありません。

今回は、アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」の山口奈穗子さんに、「大掃除でやってはいけないこと」を教えてもらいました。

アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」。...

>>>山口奈穗子の記事をもっと見る

【1】自分ひとりだけがんばるのはNG

年末年始のイベントは大掃除だけではありませんから、ここで体力を使い果たす……なんてのは避けたいところです。

家族でお住いの場合は、自分ひとりだけががんばるのではなく、家族にも声をかけて手伝ってもらう、または家事代行やハウスクリーニングに申し込むことも考えてみましょう。
手間がかかる水回りはプロに頼んで、リビングや玄関の掃除は自力でがんばる、などのように分けて考えるのもおすすめです。

【2】広く深くやろうとするのはNG

年末の短期間に、無理をして家中を大掃除するのは大変です。12月に入ってから、家中の大掃除のために、たっぷりと時間をとれる人は多くないでしょう。

浴室全体やキッチンの換気扇掃除などは、必ずしも年末である必要はありません。大掃除したい場所をいくつかピックアップして、その中で優先順位を決めるようにします。

【3】「掃除しないと!」と考えるのが年末だけなのはNG

日頃は汚れに気づいても見て見ぬふりをしてしまい、とうとう年末になってしまった……ということもありますよね。

でもふだんから目にする場所については、年末を待たずに、定期的に掃除や片づけをするようにしたいものです。

年末の大掃除は、日頃は目の届かないところを主に清める、というくらいに考えると、掃除の範囲が限定されますので、負担が軽くなります。

【4】マスクをしないのはNG

最後は基本的なことではありますが、重要なことです。冬場は空気が乾燥するので、口や鼻に入り込んだホコリ・雑菌を洗い流してくれる水分が不足してしまいがちです。

ですから、最初からホコリ・雑菌をできるだけ吸い込まないようにするために、掃除の際にはマスクをするようにしましょう。

また、手肌も乾燥して荒れやすい季節。肌の水分・油分が十分でなくデリケートになっていますので、水や洗剤による影響を受けやすくなっています。

とくに大掃除では、強い洗剤を使うことも多いと思いますので、掃除に適した作業用手袋の着用をおすすめします。



■教えてくれたのは・・・山口奈穗子さん
アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。「カジタク」はアクティア株式会社が提供する家事代行サービスのブランドです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND