ホワイトボードに桃。夏のフルーツ。

【フルーツのプロ監修】「桃」の保存方法は?正しい方法を知りおいしく使い切ろう!

2022/04/24

この記事では、「桃」が冷凍・冷蔵・常温それぞれの保存方法に向いているかなど、保存方法について解説しています。また、保存する際のポイントやレシピも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、食材の状態や保存環境によって保存期間は変わります。保存方法にかかわらず、できるだけ早めに消費しましょう。

野菜や果物の専門的な知識をもち発信する"野菜ソムリエプロ"。管理栄養士としての意識も活かし、野菜・果物をおい...

>>>小島香住の記事をもっと見る

冷凍?冷蔵?常温?桃の適切な保存方法や期間を紹介

新鮮な有機桃をクローズ アップ
Tanya_F/gettyimages

桃は、果汁が多く、とろけるような食感で人気の傾向にある果物です。そのような桃の適切な保存方法を知って、長い期間桃を楽しみたいと思っている方も多いでしょう。

桃は、基本的に常温保存がおすすめです。桃は固くても室温に置いておくことで、果肉が柔らかくなるため、新聞紙などでやさしく包み、風通しの良い場所で保存しましょう。

ここでは、常温保存、冷凍保存、冷蔵保存に分けて、桃の適切な保存の方法や期間を紹介していきます。桃を長く楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

常温保存

桃は、基本的に常温保存がおすすめの果物です。ですが、桃はデリケートなため常温で保存する際も注意が必要となります。

まず、桃を1つずつペーパータオルで包み、ビニール袋に入れて口を結びます。ペーパータオルで包むことで、桃のみずみずしさを保つことが可能でしょう。

次に、ペーパータオルを底に何重も敷き、地面と接している面が痛まないようにします。フルーツキャップがある場合は、それを使用すると便利です。

エアコンの下のような冷たい風が直接当たらない場所で保管するようにしてください。保存期間は、2~3日程度といわれているため、早めに食べるようにしましょう。

冷凍保存

桃は、冷凍保存をすることも可能です。冷凍保存する場合は、桃を丸ごとか、くし形に切って冷凍するのがよいでしょう。

丸ごと冷凍する場合は、まず桃を洗い、水気をふき取ります。次に冷凍用の保存袋に、1個ずつ食品用ラップで包んだ桃を入れて、ストローなどを使用しながら空気を抜きます。丸ごと冷凍保存すると保存期間は1カ月程度といわれています。

大量に桃がある場合は、この保存方法を試しましょう。

くし切りで冷凍保存する場合は、まず桃をくし切りにして、25%程度の砂糖水をまぶした後5分程度おきます。次に水気をふき取って、食品用ラップで包んでいきます。1回に使用する量だけ食品用ラップで包むと便利です。

最後に、食品用ラップで包んだ桃をジッパーつき保存袋に入れ、空気を最大限まで抜いてジッパーを閉めましょう。

そのまま食べるのであれば、自然解凍で食べるのがおすすめです。半解凍だとシャーベットのようなシャリシャリとした触感で食べられるため、好みで選びましょう。

冷蔵保存

桃は冷蔵保存すると、内部褐変が起きてしまうため、冷蔵保存には向いていません。

冷やして食べる場合は、食べる数時間前に冷蔵庫に入れるようにしましょう。 香りや水分が飛びやすいので、キッチンペーパーとポリ袋で包んでおいた状態のまま冷やすようにします。冷やしすぎると、風味も感じにくくなってしまうので、1~2時間程度がおいしく食べられる目安です。

皮に近い部分が香りがよいため、なるべく薄く皮をむくことをおすすめします。

桃を使ったおすすめレシピ紹介

桃は、香り高く、ジューシーで甘いため、ジュースやデザートの材料として使用されることが多いです。

ここからは、桃を使ったレシピをご紹介します。いつもとは違った桃の食べ方を楽しみたいという方は、こちらのレシピを参考にぜひつくってみてください。

おすすめレシピ1:桃のアールグレイジャム

出典:サンキュ!NEWS

固かったり甘みが弱かったりした桃をおいしく食べたいときや、たくさんの桃を消費したいときは、ジャムにするのはどうでしょうか。

桃のアールグレイジャムの芳醇な桃の香りとやさしい甘さがパンをより一層おいしくさせるでしょう。また、使用したティーバッグと桃の皮は、ピーチティーにして飲むのもおすすめです。

手づくりして、とろみ具合や分量、甘さを調節し自分好みのジャムをつくってみましょう。

おすすめレシピ2:桃のデザートスープ

出典:サンキュ!STYLE

こちらは、生クリームを使用したクリーミーで甘酸っぱい桃のデザートスープです。

桃は熟したものを使用するとよいでしょう。ミントの葉のようなアクセントを好みで乗せるとおしゃれな雰囲気に仕上がります。ひんやりとしたデザートのため、暑い季節のデザートとしていかがでしょうか。

熟しすぎてしまった桃を消費するときにもおすすめの食べかたです。

おすすめレシピ3:桃のヨーグルトドリンク

出典:E・レシピ

桃のヨーグルトドリンクは、桃やヨーグルト、氷などをいっしょに攪拌してつくるレシピです。デザート感覚のドリンクで、ヨーグルトによる酸味もあるため、甘すぎず飲みやすいでしょう。

電子レンジとミキサーを使用しますが、10分程度の調理時間で完成するため、今すぐ1品用意したいという場合におすすめです。

桃の正しい保存方法を知って食材をおいしく使い切ろう!

本記事では、桃の保存方法や桃を使用したレシピなどを紹介しました。

桃は基本的に常温で保存するようにしましょう。冷凍保存も可能ですが、食感が変わってしまうので、フレッシュのおいしさを味わいたいという方は、常温で保存し食べる数時間前に冷やすようするとよいでしょう。

買いすぎてしまって食べきれない桃も、保存方法を工夫することでおいしさを長持ちさせられます。桃をムダにせずおいしく食べるためにも、今回の保存方法をしっかり覚えておきましょう。

参考サイト

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND