クリーニングルーム

家事・片づけのプロが「心置きなく寝る」ために毎晩やっている4つのこと

2022/02/24

一般的に家事は朝、日中にやるものと考えがちですが、じつは夜にやったほうが効率的なものも少なくありません。

そこで今回は、アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」の山口奈穗子さん自身が、夜にやっている家事を教えてもらいました。

アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」。...

>>>山口奈穗子の記事をもっと見る

片づけのプロが夜やる家事1:シンクの排水口掃除

台所のシンクの掃除
PixelsEffect/gettyimages

夜の食器を洗い終わったら、シンクのゴミ受けに溜まったゴミを捨てます。そしてゴミ受けを洗い、ネットを交換して、排水口の掃除をします。

たった1日でも、排水口は結構汚れが溜まるものです。

水道栓とシンク内もきれいに洗って終了!と思ったら、魚を焼いたグリルを洗い忘れた!ということもたまにあります(笑)。

片づけのプロが夜やる家事2:キッチンの床を拭く

女性の手は白い紙ナプキンでパステルブルーの机を拭きます。一般的または定期的なクリーンアップ。閉じる。テキストやロゴのための空の場所。トップビュー。
FotoDuets/gettyimages

私の場合は、キッチンで布巾(フキン)を使っておりません。その代わりに、繰り返し洗って使えるキッチンペーパーを、布巾代わりに使っています。

朝・昼・夜とカウンターの上を拭いたキッチンペーパーで、キッチンの壁や、戸棚の表面などに垂れた汚れもサーっと拭き取り、夜は最後にキッチンの床を拭いて捨てます。

片づけのプロが夜やる家事3:夜のゴミ出し

これは、24時間ゴミ出しができる集合住宅に限った話になってしまいますが、キッチンの後片づけ終了後に、ゴミ出しに行くことが多いです。一日分の生ゴミを翌朝に持ち越さずに済むので、助かっています。

片づけのプロが夜やる家事4:翌日に持ち越す仕事のリスト作り

文書に署名する男性ビジネスマン。
kazuma seki/gettyimages

私はじつは、家事よりも睡眠を大事にしたいと思っています!

ですから、家事のやり残しがあっても無理はしません。翌日に持ち越す仕事は、家事でも家事以外でも、メモ用紙にリストアップしておきます。

やるべきことを書き出し、頭の外に出しておくことで、一旦頭の中を空っぽにすることができます。あとは、心置きなく寝ます。


■教えてくれたのは・・・山口奈穗子さん
アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。「カジタク」はアクティア株式会社が提供する家事代行サービスのブランドです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND