子時計テレビ映画ながら、床を清掃ロボット

その家事、じつは夜にやったほうがいいかも!?家事のプロが解説

2022/04/14

一般的に家事、掃除は日中にやるもの……というイメージですが、なかには「夜やったほうがいい」ものもあるんだとか。

アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」の山口奈穗子さんに解説してもらいます。

アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」。...

>>>山口奈穂子の記事をもっと見る

夜にやったほうがいいこと1:キッチン・リセット

女性のクリーニングのスプレー用洗剤
demaerre/gettyimages

キッチンは夕食後が一番修羅場と化していることが多いと思います。でも、1日分の汚れなら短時間で、少ない労力でリセットできます。

夜のうちにスッキリきれいにしておくと、翌朝気持ちよく1日のスタートが切れますね。
スピード感を意識してやってみましょう。

【ポイント1】夕食の調理をしながら、使い終わった調理道具はちょこちょこ洗っておくと、食後の負担が軽くなります。

【ポイント2】夕食が済んだら、家族にも手伝ってもらい、スピーディーに食器洗い、テーブル拭きを終わらせます。

【ポイント3】コンロまわりやカウンター上を一気にザーッと拭き取ります。油汚れは固まる前なら楽勝で拭き取れます。その流れを止めずに、シンクと排水口も一気に洗い流したら、終了!

夜にやったほうがいいこと2:リビング・リセット

若い女性は、掃除機で居心地の良いリビング ルームを洗浄します。カーペット、ソファ、椅子、コーヒー テーブル、棚、工場と木製の床でモダンなインテリア。上下します。
gorodenkoff/gettyimages

リビングは人もモノも集まる場所だからこそ、あっという間に散らかります。テレビCMのあいだなどに、目についたものから片づけていきましょう。

【ポイント1】外から持ち帰ったカバン、遊んだおもちゃ、取り込んだ洗濯物、などがリビングにあれば、それぞれ定位置に戻します。

【ポイント2】今日家に入ってきた書類は、すぐに見てから処分するか、保管場所へ収納します。レシートや領収書も同様です。

【ポイント3】テーブルや床などに、何も残っていない状態になれば、終了!

夜にやったほうがいいこと3:翌日の準備

ワードローブで服を整理し、箱にシャツを入れ、バスケットを棚や引き出しに入れる女性。洗濯後にきれいに折りたたまれた服
Damian Lugowski/gettyimages

朝は忙しいとわかっているので、夜のうちに準備をしておくのがおすすめです。時間と心に余裕のある朝が迎えられ、忘れ物もなくなります。

【ポイント1】翌日持って出かける持ち物をそろえ、カバンに入れておきます。

【ポイント2】翌日の天気をチェックして、着るものを考えておきます。それに合う下着や靴下も確認しておきます。

【ポイント3】翌朝起きる時間をタイマーでセットして、終了!


■教えてくれたのは・・・山口奈穗子さん
アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。「カジタク」はアクティア株式会社が提供する家事代行サービスのブランドです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND