月食費2万円台をキープ!節約達人に学ぶ常備菜テク

2019/05/14

かさみやすい食費、できるだけ安く抑えたいですよね。やりくり上手な人のなかには、常備菜を活用して食費を2万円台に抑えている節約達人も!今回は、月食費2万円台の人がつくっている、常備菜テクをご紹介します!

あきずに食べられる!野菜&煮物の和食常備菜

出典:サンキュ!ブロガー関根美樹さん

関根美樹さんがよくつくるのは、かぼちゃの煮物や肉じゃが、キャベツとひき肉のとろみ炒めなど、野菜や煮物が多めの和食常備菜。体にやさしいものばかりなので、何回でもあきずに食べられそうですね!そのまま食べるのはもちろん、お弁当のおかずやごはんにのせて即席の丼ものにするなど、アレンジもしやすいですよ。

下味冷凍食材+つくり置きおかずで楽チン夕ごはん!

出典:サンキュ!ブロガーあしたばさん

あしたばさんは効率的に夕ごはんをつくるために、日ごろから、下味をつけた冷凍食材とつくり置きのおかずを用意しています。とくに冷凍食材は種類豊富で、お肉を使ったものでも牛丼、BBQ、プルコギ、マヨぽん、照りみつなど、味つけのバリエーションも豊か!時短なだけでなく、あきずに食べられそうなのもいいですね。

大量の野菜は炒めるだけ&漬けるだけの簡単常備菜に!

出典:サンキュ!ブロガー中島愛さん

冷蔵庫に入らないほど野菜をもらったときなど、食材を早く使い切りたいときに常備菜を作るという、中島愛さん。あるときは、もらったキュウリ・ピーマン・インゲンマメを使い、浅漬け、肉巻き、昆布炒めをつくりました。どれも漬けるだけ、炒めるだけなので簡単♪お弁当や朝ごはんのおかずとしても、活躍してくれます。

食品ロス削減&時短につながる!冷凍カット野菜

出典:サンキュ!ブロガー海老原葉月さん

食費を抑えるには、食品ロスを減らすことも重要。海老原葉月さんは、使い切れない葉物野菜やにんじん、キノコなどを夕ごはん準備のついでに切り、冷凍カット野菜をつくっています。冷凍すると火の通りも早くなるので、料理の時短になります!常備菜だと食べきれないという人には、日持ちする冷凍保存がおすすめですよ。

常備菜をつくっておけば、食費節約だけでなく時短にもつながります。本格的な常備菜はハードルが高いという人は、切るだけ炒めるだけの簡単なものから始めてみるといいですよ。ぜひ上記を参考に、みなさんも常備菜をつくってみてくださいね。

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND