「休日ランチは夫の仕事だ!」Dragon Ash 桜井誠さんの超絶品10分カレーレシピ

2019/09/01

家族の休日のランチを作り続けて10年。料理界にも名をはせる、ロックバンドDragon Ashのドラマー桜井さんが、料理ビギナーの夫にもおすすめの10分ランチをご紹介。

<プロフィール>
桜井誠さん
Dragon Ashドラマー。中学生のころに目覚めたという料理の腕前には定評あり。レシピ本の出版やフェスめしの出店でも大活躍。2児の父。

とろ~りなすと豚肉の10分カレー

夏といったらやっぱりカレーですが、中華丼の要領で作れば、煮込まずともおいしくできるんです。うまみたっぷりのやさしい味なので、子どもにもおすすめ!鶏ガラスープの素と水溶き片栗粉で、あっという間に完成です。

【材料(4人分)】
豚バラ薄切り肉…300g
なす…4個
A(すりおろしにんにく、すりおろししょうが各1かけ分)
B(鶏ガラスープの素小さじ1 水500㎖)
C(カレールウ〈フレーク〉4皿分 しょうゆ小さじ1)
水溶き片栗粉…大さじ2
ごま油…大さじ1
塩、こしょう…各少々
サラダ油…適宜
ご飯…適量

【作り方】
(1)材料を切る
なす、豚肉を一口大に切る。豚肉には、塩、こしょうをふる。

★これで時短!
なす→豚肉の順番で切れば、包丁とまな板をいちいち洗わないでOK。

(2)炒める
鍋にサラダ油大さじ2を中火で熱し、なすを炒めて取り出す。同じ鍋にサラダ油大さじ1を中火で熱し、豚肉を炒める。色が変わったら、Aを加え、香りが出るまで炒める。

★これで時短!
なすを油たっぷりであらかじめ炒めておけば、煮込み時間が短縮できて、しかもとろ~りとした食感に。

(3)煮る
2にBを加え、ひと煮立ちしたらC、なすを加える。さらにひと煮立ちしたら、水溶き片栗粉を加えてとろみが出るまで熱し、ごま油を回しかけて火を止める。器に、ご飯とともに盛る。

★これで時短!
スープの素と水溶き片栗粉で、あっという間にうまみ&とろみが!

桜井さんのおすすめポイント

火の通りが早い薄切り肉を使うなど、いろいろなコツでスピーディーに完成。忙しくて時間がない平日の夕食にもおすすめです。最後に回しかけるごま油の風味が絶品なんです!

合間にもう一品!「トマトの冷やしおでん」

初めに仕込んでおけば、カレーを作る間に味がしみしみ!

トマトをくし形に切り、市販の白だし(表示よりやや濃いめに希釈したもの)に漬けて30分程度おき、青じそのせん切り適量をのせたら完成!

参照:『サンキュ!』9月号「Dragon Ash 桜井誠さんの休日ランチは夫の仕事だ!」より。掲載している情報は19年7月現在のものです。

撮影/三村健二 構成・文/松崎祐子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND